« 肉じゃが。 | トップページ | 『チャップリン・ザ・ルーツ』に行ってきました。 »

2013年2月18日 (月)

ハービー山口写真展に行ってきました。

昨日、4月に撮影するお客さまとの打ち合わせの後、

滋賀県立美術館で開催中のハービー山口写真展へ行ってきました。

02

▲この道の向こうに、最高に豊かで美しい感動の世界が_

これまでにも何度かハービーさんの写真展を観てきましたが

今回ほど大規模で密度の濃い回顧展は初めて。

まさに、ハービーさんが人生を賭けて追い求める「夢のすべて」を目の当たりにすることができ

感動と、ショックと…そして、最後に

私自身の行く先にも「希望」を見せてもらえたような気がしました。

昨年の秋、大阪のブルームギャラリーで開催されたハービーさんの写真展&トークショー(余談ですが、あのとき幸運にも、ハービーさん自身に記念写真を撮っていただいたことは最高の思い出です^^ ※OPEN)で

初めて、入日茜さんの『二十歳の憧憬』という歌と、ハービーさんが二十歳の頃に撮影した写真のスライドショーとのコラボレーションを観ました。

あの感動が、ずっとずっと忘れられなかったのですが

なんと、昨日は入日茜さんとハービーさんが美術館に登場!

贅沢にも、生ライブとスライドショーとのコラボ、そして2人のトークショーまで楽しむことができたのです☆

03

▲入日茜さん。まさに「こんな」声で、「こんな」歌と、「こんな」ピアノの音を奏でられる、素敵なシンガーソングライターさん。

実は私、女性歌手はあまり聴かないほうなのですが、彼女のライブはいつかぜひ行ってみたいと思っています(^^)

閉館時間を過ぎても展示写真に魅入ってしまって_

美術館を出たら、すっかり夕暮れ。

04

一夜明けた今は、ハービーさんの写真に

私自身の思い出や、明日の夢を重ね合わせつつ

余韻に浸っています。

05

そして、同じく写真を撮る道を歩いている人間の1人として

ハービーさんの

「今しか撮れない写真を撮る。自分しか撮れない写真を撮る」

という言葉を、

しっかり心に刻んでおきたいと思います。

ハービー山口写真展の詳細はコチラ→OPEN

『二十歳の憧憬』のダウンロードはコチラ→OPEN

※『二十歳の憧憬』は、ハービー山口と入日茜の共同作詞/入日茜作曲による、ハービーさんの「自叙歌」。“羽の生えたカメラ”と共に生きている人間にとって、涙なくして聴けない名曲です!

|

« 肉じゃが。 | トップページ | 『チャップリン・ザ・ルーツ』に行ってきました。 »

photography」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 肉じゃが。 | トップページ | 『チャップリン・ザ・ルーツ』に行ってきました。 »