« 宮島から博多へ。 | トップページ | 講座あいまTEA »

2013年1月22日 (火)

博多から熊本へ。

博多でのウェディング撮影の後、

生まれ故郷の熊本に、急ぎ足で寄り道。

01

しばらく来ないうちに

新幹線が開通し

政令指定都市に認定され

町中 くまモンだらけになっていたその町は

もはや私が生まれ育った頃とは見違えるようだけれど。。。

02

中学生の頃、初めてビートルズのLP("Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band")を買った古レコード屋が未だ健在だったり_

02b

よく幼なじみの智ちゃんと一緒に出かけた『玉屋通り』が未だ残っているのを見つけたりすると

 「あぁ確かに昔、私はここで生きていたんだな~」と、実感します。

 この、『玉屋通り』の入口にあるDAIDAI書店は私が京都へ引っ越した後にできたお店ですが、帰熊するたびに訪れる大好きなお店。

 

03
『パリの恋人』や、ウディ・アレンの映画に出てくるニューヨークの書店のようなたたずまい。

03b

本を物色していると、店の奥からスーッと現れた仔猫ちゃん。

04

屋根裏の古本コーナーで、前から欲しかったパルコ出版のサラ・ムーンの写真集と出会ってしまったので、(ちょっと荷物が多くて大変だったけど)お買い上げ。

05
そして、私の好きな食べ物の3本の指には入る太平燕(たいぴーえん)を求めて、紅蘭亭へ。

この店(上通り店)はオシャレなオープンテラス風の造りのせいもあって、老若男女(私のような女性1人客も何人か^^)で賑わっていました。

06
夜定食メニュー。

 太平燕のほか、酢排骨(すーぱいこ*いわゆる酢豚のこと)、前菜付き

 ザーサイとご飯とジャスミン茶はお代わり自由

 それに、デザートの杏仁豆腐が付いて¥1,050。

 

Viva、熊本☆

 

 

生まれ故郷への旅は

喜びでもあり

悲しみでもあり

希望でもあり。。。

 

なにはともあれ、自分の人生に起きたこと全てに「意味」があって今の自分が作られているのだと実感させてくれる

かけがえのない時間。

07

次回は、幼なじみの皆とゆっくり会える時間を作って帰りたいと思います。

|

« 宮島から博多へ。 | トップページ | 講座あいまTEA »

旅さき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮島から博多へ。 | トップページ | 講座あいまTEA »