« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

ロイヤルウェディング from the UK

近頃スケジュールが立て込んでいて…

報告したいことは沢山あるのですがブログを書く時間がありません

さしあたり、旬のロイヤルウェディングだけ簡単にご報告しますね

私は、先日レミントンの『異業種交流朝食会』で知り合った、インテリアデザイナーのJaneの家に招待され、彼女の家族と一緒にロイヤルウェディングのテレビ中継を鑑賞しました。

▼Janeとは1回会っただけ、他の人とは初対面にもかかわらず、私もすっかりリラックス。

01

セレモニーの後は、イギリスのあちこちの路上や公園でパーティが行なわれたことは、日本でも大きく報道されたと聞いています。

私も、Janeたちの住むケニルワース(Kenilworth)という町の一角で開催されたガーデン・パーティに参加しました。

▼まずはウィリアム王子とケイトさんの結婚を祝して乾杯!

02

▼それぞれの家から持ち寄った食材でバーベキュー。焼くのはもっぱら男性の仕事です。

03b

▼今、イギリスではカップケーキが大人気。このようなデコレーションで、ウェディングケーキにも使われるのが流行しているそうです。03

▼Janeファミリーの末っ子Jonathon君、11歳。この子が、まるで「ビリー・エリオット」のような性格で、とにかく可愛い♪すっかり仲良くなって、再会を約束しました(^^)

04

私個人は特にロイヤル好きというわけではないけれど_とにもかくにも

やっぱりウェディングは世の中を幸せで包むものだと再確認できた1日でした

05

そして明日は、再びレミントンでウェディング撮影です☆

5月1~15日の日程で『TWPトップウエディングフォトグラファー写真展 2011 in 名古屋』が開催されます。可能な方は是非、足をお運びください→詳細はコチラ

| | コメント (2)

2011年4月25日 (月)

Gambian Wedding in London

ロンドンでは友人のTenちゃんのお世話になってます。

昨日は、彼女が働くナーシングホーム(*老人介護施設)を見学させてもらいました。

01

02

自分の専門分野を活かし、ロンドンの地に足をつけて生活している彼女。本当に立派です

そして夜は、幸運なことに、Tenちゃんの同僚、ガンビア人のゴネ(Ngoneh)さんのウェディングパーティに参加しました。

03

OPEN

| | コメント (8)

2011年4月23日 (土)

美術館で食事

▼Lunch time at Garden History Museum

01b

01

近頃ちょっと野菜不足なので、オニオン、ほうれん草、チーズのキッシュとサラダのベジタリアン・ランチを。ガーデン・カフェのスタッフさんには『Love&Hope Photo』もお願いしました(*右側のFliskr画像をクリックしてください)。

▼庭園歴史博物館はチャップリンが生まれたBrixtonという地区にあるため、このような壁画が

02

▼Tea time at Victoria & Albert Museum

03

Figures&Fictions』という、南アフリカの第一線で活躍するフォトグラファー達の作品を集めた写真展を鑑賞(*イギリスに限らず、世界中のエッジーな作品に触れられるのがロンドンのたまらない魅力です)。その後、ウィリアム・モリスがデザインした部屋で、アーモンド&オレンジ・ケーキと紅茶を。

食べ物はいたってシンプルですが、とにかく空間がめちゃくちゃ贅沢!外の暑さと喧騒と大気汚染をしばし忘れて、うっとりと休息を楽しみました(セントラル・ロンドンの中で1番居心地の良い場所かも)。

▼特別展として、Yoji Yamamotoのコスチューム展が開催されていました。ロンドンの一流どころで活躍する日本人…やっぱり誇らしく、羨ましい…

03b

▼おまけ;たまには私とWhite Pentaxの2ショットも(V&A内の洗面所にて)。

04

5月1~15日の日程で『TWPトップウエディングフォトグラファー写真展 2011 in 名古屋』が開催されます。可能な方は是非、足をお運びください→詳細はコチラ

| | コメント (2)

2011年4月21日 (木)

London Crazy

まもなくロイヤル・ウェディングとイースターホリデーが同時にやってくるロンドンは、暑さと人混みでヒートアップ状態です。

00

01

02

03

れっきとした観光客の一員たる私も、しっかり挙式会場のウェストミンスター寺院を訪れ、仕込みのテディベアを使って記念撮影。

04

この撮影をしていたら、ドイツのフィルム撮影隊が近づいてきて「自分達の映画に出演してくれないか?」と、オファーが。。。

モノヅクリに携わる人間同士、協力しなければと快くOKしたら、おもむろに巨大な唇のオブジェを持たされ、カメラの前でダンスする羽目に一体どんなフィルムなんだろう…(完成したら知らせがくるらいしいが)

ま、とにかく私のほうからも「Love&Hope Photo」をお願いしました(*左側のFrickrをご覧ください)。

まだまだ続くロンドン狂想曲…バテないように気をつけます。

05

5月1~15日の日程で『TWPトップウエディングフォトグラファー写真展 2011 in 名古屋』が開催されます。可能な方は是非、足をお運びください→詳細はコチラ

| | コメント (2)

2011年4月20日 (水)

ロンドンへ

昨日、レミントンから電車で移動してきました。

▼レミントン←→ロンドンの発着駅は、『ビートルズがやって来る、ヤァヤァヤァ!』(*この邦題、けっこう好き♪)の冒頭でおなじみの、メリルボーン駅。訪れるたびにテンションがあがります。

01

とにかく暑い(今週中ずっと最高気温25度くらい)そして田舎から都会に移ったので、人と車の多さと空気の悪さにゲンナリ・・・

思わず、たまたま駅近くで見かけた『DORSET CAFE』に駆け込んで冷たいジュースを1杯。

▼リンゴとエルダーフラワー(ぺんぺん草)のジュース。甘さと爽やかさがブレンドされていて、美味。

02

さすが都会だべ~と思ったのは

ジュースを飲んでいたら、すかさず店員さんのほうから「あなた日本人?今回の地震、大変ね…」と、声をかけてきてくれたこと。しかも店員の女の子はルーマニア人。

レミントンはイギリス人の多い町。こちらから積極的に話しかけないとナカナカ見知らぬ人とは会話が弾まない面があり、地震の話題にもなりにくかったので、やはり地域差があるなと感じました。

すかさず、こちらも「LOVE&HOPE Photo」を依頼(*右側のFrickrをご覧ください)。

少しの間、暑くて(きっと)慌しいロンドン・ライフを楽しみます☆

5月1~15日の日程で『TWPトップウエディングフォトグラファー写真展 2011 in 名古屋』が開催されます。可能な方は是非、足をお運びください→詳細はコチラ

| | コメント (0)

2011年4月18日 (月)

英国ウェディング@Royal Leamington Spa

今回、イギリスでのウェディング撮影のために、メイン機にNIKON D80(!)と15mmF2.8、35mmF1.8、85mmF1.8レンズ、サブ機にPENTAX Kxと18-55mmF3.5-5.6レンズ、モノクロフィルム撮影用にPENTAX MZ-3と50mmF1.4レンズを持参しました。

腰を痛めないよう、できるだけ機材を軽くしたいのと、明るいレンズやモノクロ撮影用の機材だけは持って来たいのとで色々悩んだ結果、日本での通常撮影よりは、だいぶボリュームダウンさせたラインナップになりました。

やっぱり通常の機材じゃないと不便な面も多々ありますが、

昔はこれくらいの機材で撮影してたな~と、初心に帰って撮影する良い機会にもなっています。

日本には日本の仕儀が待っているので、イギリスで撮影したものは、なるべくイギリスに居る間に作業してしまいたいと思っています(*努力目標)。

まずは、今日RAW現像を終えたばかりの、サブ機のKxで撮影したラフなスナップショット集をご覧ください。

00

OPEN

5月1~15日の日程で『TWPトップウエディングフォトグラファー写真展 2011 in 名古屋』が開催されます。可能な方は是非、足をお運びください→詳細はコチラ

| | コメント (2)

2011年4月16日 (土)

なにげなく撮った写真

▼(こうみえて)けっこう仕事してます。

000

▼イギリス1のごちそう

00

▼まだまだ現役

01

▼赤信号、みんなで待てば恐くない

03

さあ、いよいよ明日はリアル・ウェディングの撮影です

5月1~15日の日程で『TWPトップウエディングフォトグラファー写真展 2011 in 名古屋』が開催されます。可能な方は是非、足をお運びください→詳細はコチラ

| | コメント (0)

2011年4月14日 (木)

ウェディング・ファッション・フォトセッション

相変わらずの時差ボケで、今日は4時半に目が覚めてしまい…

がんばって二度寝したら、ひどい悪夢にうなされてしまいました

そんな体調ではありますが、昨日は滞在中のLeamington Spaから、さらにカントリーサイドのShipston on sourという村まで足をのばし_

01

02

The Old Millというプチホテルで行なわれたウェディングのファッション・フォトセッション(*広告・宣伝用に、モデルにウェディングドレスを着せて撮影することを、こう呼ぶらしい)に参加しました。

03

The Old Mill(古い製粉所)という名前が示すとおり、オシャレな内装と古い梁が混在したユニークなプチホテルです。

04

メイン・フォトグラファーのDavid。ファッション撮影はライティングが大掛かり。

05

メイクアップ・アーチストのSharlotte。彼女とは初対面でしたが、とても気さくな人で、すぐに打ち解けられました。

06

モデルの(左から)RisaとJohannnah。なお、彼女たちには撮影の合間に『LOVE&HOPE Photo』にも協力してもらいました(*ブログ右側のFrickrをご覧ください)。

07

私的お気に入りのRisaショット。この「ちょっと得意げな表情」を撮りたくて、まだ若干シドロモドロの英会話で頑張りました(^^;)

08

私的お気に入りのJohannnahショット。もちろん、壁に飾られたLOVEの文字がポイントです。

とても楽しくて良い経験だったけど_

正直、ファッションフォト・セッションは難しいと、感じました。

やっぱり、こんなナチュラル・ショットの方に、より心が動く「ふぉとみっちゃん」です。

09

| | コメント (4)

Welcome to Michi Blog!

渡辺未知ブログへのご訪問ありがとうございます。

未知フォトグラフィのウェディングフォトブログもぜひご覧ください(^^)

(ブログの更新情報は画面右の「つぶやき」でも確認可能ですよ~)

Tag_3

|

2011年4月12日 (火)

初日の朝

やはり時差ボケで5am前に目が覚めてしまいました・・・

窓の向こうから小鳥のさえずりが聞こえています。

01

今日は9:30amからカントリーサイドのプチホテルで、ウェディングのカタログ撮影に参加します。

| | コメント (0)

ヒースローで一服

ヒースローで一服
ヒースローで一服
今回は入国審査も含め驚くほどスムーズでした(^^)v

ただいま6:15pm。相変わらずのどんより曇り空。
これから高速バスで一路、イギリスの我が故郷、レミントンに向かいます。

♪Michi Watanabe as Michi Photography
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
http://camera-ai.com
http://fotomichi.cocolog-nifty.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
(出先携帯より)

| | コメント (0)

2011年4月 8日 (金)

新郎新婦のSmile for Tomorrow

残念ながら

今、何かをするにも、また、何かをしないにも、常に心の片隅が痛み、人の反応が気になる情況になってしまいました。

この情況そのものも「災害」であり、私たち全員が被災者なのだなと、つくづく思います。

震災発生当初、このブログに「事実から絶対に目をそむけず、でも決して感情的になりすぎないこと。」と、自分に言いきかせるために書きましたが、まさに日々それが試されている心地がします。

私は今、震災以降にウェディングをお撮りする新郎新婦に「メッセージフォト」を撮影させていただくよう、お願いしています。

実をいうと、メッセージ性を露骨に全面的に押し出した歌や、もろもろの文化活動は、元々あまり好きな方ではありません。

でも今は、「私たち被災者」全員が、それぞれの特性や専門分野を活かし、身の丈に合った方法で「自分たちを」救済していかなければいけない時期だと感じています。

たまたま、私は「幸せの写真」を撮ることを専門にしています。

でも今、「こんなときに「幸せ」なんて不謹慎では…」といった風潮が広まりつつあるのは事実です。そのために、結婚式を挙げることに後ろめたさを覚えたり、これから挙式するのをためらっているカップルが続出しているという話を耳にします。

まずウェディングにたずさわる人間として単純に、そのように苦しんでおられるカップルを励ましたいという気持ちがあります。

また、こんな時だからこそ、目に見える、心で感じる、そして形に残る「幸せ」が誰にとっても必要なはず…そう信じているからこそ、私はこのウェディングフォトという仕事に誇りを持って取り組んできました。

もちろん、「幸せの写真」が否定されてしまうことは、ウェディングフォトグラファーにとっては死活問題でもあります。生き残れなければ、それこそ復興支援も何もできなくなってしまいます。また、被災の直接的な被害・損害をこうむっている同業の仲間に対しても、何かしら力になりたいという気持ちもあります。

そういった思いから、通常のウェディングフォト作品づくりの傍ら、1歩踏み込んで「柄にもなく^^:」メッセージフォトにも取り組んでいます。

ご理解と、ご協力いただいたおふたりに感謝しつつ、お写真をご紹介いたします。

Shun&Norikoさま

01

※「メッセージフォト」をTWPサイトのトップページに掲載させていただきました。

Norihito&Misatoさま

02

※ウェディングフォトをTWP写真日記に掲載させていただきました。

今後、「メッセージフォト」はこちらに順次(※色々な考えがあって当然なので、あくまでご協力いただける範囲内で)UPさせていただく予定です。

茨城のウェディングフォトグラファー片桐裕二さんが発案し、多くのフォトグラファーが賛同している【関東・東北スマイルプロジェクト】も是非ご覧ください。こちらは東日本の方々をダイレクトに応援するプロジェクトです。直接的な被災者でもある「ギリさん」の勇気ある行動力!それに私も心を動かされました。

「幸せの写真」を観た方に、もし、ほんの少しでも幸せな気持ちになってもらえたら…私たちにとって、こんなに幸せなことはありません。

Camera_ai_2

| | コメント (0)

2011年4月 2日 (土)

そしてまた、春が。

ウェディングフォトブログ、久々の更新です

ちょうど、1年前にお撮りしたウェディングフォトと

つい、先日お撮りしたマタニティフォトをご覧ください。

00

OPEN

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »