« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

PEACE & LOVE

PEACE & LOVE
平和を噛みしめながら
明日もしっかり幸せの写真を撮りたいと思います。

| | コメント (4)

PhotoNextで講演します。

せっかくの機会ですので、また改めてお話したいと思いますが_

今年の『PhotoNext』でセミナー講師を担当することになりました。

→PhotoNext『レディス・カレッジ

ということだけ、ひとまずお知らせして、これから・・・

続きを読む "PhotoNextで講演します。"

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

リニューアル☆

お気づきでしょうか。。。?

Michi Photographyのホームページを所々リニューアルしました。

主な内容は、①<作品紹介>ページの充実、②<撮影プラン>ページの一新(※ウェブデザインだけでなく、新製品の登場などにより料金体系も少し変わりました。)、③全体的なデザインの統一などなどです。

また、サイトのアドレスも<camera-ai.com>1本に統一しました(※http://www.無しでもアクセスできます)。

その他、英文ページも久々に改良。

フォトグラファーをお探しの方にも、純粋に写真を鑑賞したい方にも楽しんでいただけるサイト・・・の、つもりです!

是非、ご覧になって、感想を聞かせてください

01_2

昨年、オックスフォード大学で撮影したときの私の雄姿(ていうか、まるで付き人^^;)。

Click▼

Logo_white

お知らせ | | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

昨日の写真講座

4週間も間が空いてしまったので、内心、ちょっとドキドキしてましたが。。。

皆さんのテンションが少しも下がらず、ヤル気に満ちた表情と写真を見ることができたのでホッとしました

展示作品に仕上げるまで、あともうひと工夫&もうひと手間、ガンバリマショウ!

01

たまには自家製スコーンで、ひといき

次回の講座(6/2)の主な内容は次のとおりです。

続きを読む "昨日の写真講座"

| | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

明日は久々に・・・

写真講座です。

覚えてますか?

念のため、明日の講義についてなどの連絡事項はコチラです(とにかく、写真集の候補写真とカメラを忘れずに)。

久々に皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

04_3

玄関先のジギタリス(別名;キツネの手袋)

| | コメント (0)

2010年5月14日 (金)

wedding@Tokyo

2月に撮影したクライアントに、完成したウェディング写真集をお渡ししたところ_

01_4

02_2

09_2

04_3

03_2

05_2

07_3

08_2

同じ写真集を7冊注文してくださいました。

これまでの5冊を抜いて未知フォトグラフィ史上最多記録です。

「お仕事」としてありがたいのも勿論ですが、撮影データから簡単にコピー利用できるこの世の中で「写真集の価値」を認めていただけたこと、そして、それを周囲の方々と分かち合いたいとおふたりに思っていただけたことが、とてもとても嬉しくて、改めて、お作りした幸せを感じています。

実は_

続きを読む "wedding@Tokyo"

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

レイアウト完成♪

昨年『ミスターパートナー』に連載していた『英国ウェディング物語』の最終回にも書きましたが、英国ウェディングは、文字どおり朝から晩まで、それはそれは長い1日になります。

披露宴が終了すると、新郎新婦は一旦控え室(ホテルであれば自室)へ退き、花嫁は一瞬ウェディングドレスを脱いで一息入れたりします。

実は披露宴の最中は、そんなにパシャパシャ写真を撮る感じでもないので、この休憩時間が、ちょっとしたフォトセッションを行なうチャンス。

01_3

再び表舞台へ戻ると、披露宴会場はディスコに様変わりしていて、新郎新婦には、ゲストの前でファーストダンスを披露する「任務」が待ち受けています(このためにダンス教室に通うカップルも居るほど)。

02_2

ファーストダンスが終わったら、ゲスト達も一斉にフロアへ繰り出し、夜通しのダンスパーティが繰り広げられるのです。それこそ、小さな子供から、足元も覚束ないお年寄りまで・・・そのバイタリティにはいつも驚かされます!(やっぱり西洋人とはスタミナが違うゎ^^;)

ファーストダンスの撮影を終えたところで、ウェディングフォトグラファーの長い1日は、おひらき。

そして、帰国後、日本の仕事の合間に少しづつ作業を進めてきた写真集の制作も、ようやく今日、ひとおおりのレイアウトが完成しました。

ご本人には事前に許可をいただいているので、また雑誌やセミナーや【いつか】サロンなどで、生の作品を観ていただきたいと思っています。興味のある方は、どうぞお楽しみに♪

03

ひとまず明日から、通常の仕事&通常のブログに戻ります。ご精読ありがとうございまた(^^)/

| | コメント (6)

ただいま制作中♪その3

海外の新郎新婦は、こちらが必死に努力しなくても、みずから積極的にカメラに向かって笑顔やポーズをポンポン決めてくれる_

というのは、幻想にすぎません。

少なくとも、私のクライアントは。

もう打ち合わせの段階で「写真は苦手」だと告白される(釘を刺される?)ことがホント多いんです。ちなみに、これは日本でも同じ。

私自身、さすがに写真が苦手とまではいいませんが、「カメラに向かって」笑顔やポーズを作るのは案外得意ではないので、やはり洋の東西を問わず「類は友を呼ぶ」ということなのでしょうか(もちろん「友」大歓迎☆)...

だから、「キメ写真」を撮影するときは、とにかく会話します。私と会話していて「面白い♪」と感じてもらえたら、それだけで自然と良い笑顔やノリノリのポーズが生まれるし、会話を通じて、私も撮影のアイディアがどんどん浮かんでくるから... 私が「写真は技術よりも話術。」だと思うのは、そのためです(要するに、オシャベリもたまには役に立つということッ)。

このときは、会場下見のときに見つけた撮影スポットと新郎新婦の雰囲気に似合うポージングを事前に考えて、かなり計画的な「キメ写真」撮影を行ないました。ちょっと恥ずかしがる2人に色々話しかけ、その気になっていただいて、イメージどおりのショットに。

01

このように計画どおり進むこともあれば、全く計画外のことも起こります。

たとえば、日本のウェディングでは挙式風景をリハーサルなど事前に撮影することはありますが、イギリスではケーキカットのシーンを披露宴開始前に撮影することも、しばしば。

確かに、本番中はナカナカ撮りづらいシーンの1つではありますが_

観衆の居ないケーキカットというのは、やはり私としては少し違和感が。

02

また、イギリスの披露宴には司会者が居ないので、その場の流れや気分しだいで唐突にスピーチ・タイムがはじまったりして、フォトグラファーを慌てさせます。

このときも、歓談時間中、デジタル一眼を置いて会場内をウロウロしていたら、突如、花嫁の父のスピーチが始まってしまい、残量の少ないモノクロフィルムのカメラで撮影することに・・・(※続く乾杯の準備の間に、急いでデジ一を取りに行って、ホッ^^;)

03

まぁ、こんなこともまた「異文化ウェディング」を撮影するダイゴミですけどね(^^)

ところで_

続きを読む "ただいま制作中♪その3"

| | コメント (0)

2010年5月 6日 (木)

ただいま製作中♪その2

通常、日本のウェディング写真集を制作するときには、完成してお客さまにお渡しするまで中身は見てのお楽しみなので、製作過程を公表することはありませんが_

イギリスのは特別公開します☆(というか、海の向こうから本人さんもチェックされてるので、制作の途中経過も兼ねて)。

さてさて_

イギリスは、ナカナカ「画になりにくい」土地柄です。

なぜなら…たいていの場合、「雲ひとつない白空」だから。

やっぱり戸外での撮影は青空だったら万々歳、曇りでも、せめて薄陽が差しているとか、雲が浮かんでいれば何とかサマにもなりますが…

イギリスは(ご存知のとおり)曇天がほとんど。しかも、陽も差さず、雲さえ見えない、要するに、ただ真っ白く「抜けた空」の日が圧倒的に多いのです。おまけに、その真っ白けの空から何の前触れもなく雨が降ってくることも、しょっちゅう。

もちろん、イギリスにだって快晴の日もあります。でも、こうして思い返してみても、私が撮影した9つのウェディングのうち、青空の下で撮影できたのはナント1つだけ!あとは2つが雨天撮影(←ひどいドシャ降りで撮影中にカメラの1台が不具合になったこともっ)、残る6つが「雲ひとつない白空」の下での撮影でした。

現在、ブック制作中のウェディングもまた・・・見事な「白空」。

基本的には「ウェディングDAYの、ありのままを残す」というコンセプトで写真集を作るので、ウェディングDAYの天気にしても、ありのまま写真に残せたら良いと思っています。

ただ・・・「白抜け」は写真として気に入らない(≧ヘ≦)

そこで、色調を変えたり、写真に黒枠を付けたりという、写真集にアクセントをつけるための「細工」が、日本のものより多めになります。

01_2

02

また、私は写真に空を写し込まない「ビッチリ」な構図が、わりと好きなんですが_

思えば、これは「白抜け」写真を回避するため、イギリスでの撮影で身についたものなのかもしれません。

03

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

ただいま制作中♪

GWまっただなか・・・ということは全く関係なく・・・

今、家にカンヅメ状態で、昨年9月にイギリスで撮影したウェディングのブック制作にかかりっきりの毎日です。

01_3

02_3

03_2

イギリスの新郎新婦には、日本の仕事を優先させていただくということで、ご理解いただいているのですが・・・

いくらなんでも、そろそろ納品しないと

そんなわけで、逆に今は日本のお客様に少しお待ちいただいている状態です。

お待たせするのは本当に心苦しいのですが・・・

1つ1つの制作を丁寧に、全身全霊を注いで最高の作品に仕上げることが何よりも大切と信じて、頑張っています。

それにしても_

日本とイギリスのウェディングブックを立て続けに制作して、それぞれの文化、それぞれの美、そして、それぞれの人間ドラマの違いと魅力に、改めて感動しています。

そのことを、私の写真で1人でも多くの人に伝えていきたい・・・

制作しながら、そんな気持ちを益々強くしています

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »