« おじいちゃんの古かばんの中身 | トップページ | リハーサル »

2010年2月 1日 (月)

Postcard Love

週末は、2月と3月のお客さまと一気にお打ち合わせさせていただきました。

季節もウェディングフォトのお仕事も、「春」に向けて徐々に加速しはじめた感じです。

そんな中、【いつかサロン】の開催準備は続きます。

前回の個展「カメラ[ai]の旅」では、<フレーム入り生写真>を販売しました(改めまして、ご購入いただいた方はありがとうございました☆)が、あのとき「ポストカードを欲しい」という声も本当に沢山いただきました。

元々、大のポストカード好きの私・・・

そんな声をいただきながら作らないわけにはいきません

というか

前回も作りたかったのに、単にポストカードにまで手が回らなかったのです。

そこで、今回は満を持して(!?)MichiPhotography特製ポストカードの登場です。

まずは、印刷ポストカードが12種類。

Cards_2

私の“第三の故郷(※①熊本②京都③Royal Leamington Spa)”があるイギリス中部地方(The Heart of England)のスナップを集めました。

元々は全12枚で1冊のポストカードブックになっています(=軽い糊づけで綴じてあって、1枚づつ引き離してポストカードとして使用できるようになっています)が、1枚づつバラで購入することも可能です。

そして、モノクロ手焼きプリントのポストカードが1種類。

Card

きっと、この画に見覚えのある方も多いと思います。

何種類か作ろうかとも思いましたが、特にリクエストの多かった1作品に絞り、そのかわり1枚1枚、完璧な「焼き」にこだわりました(※あえて1枚づつ微妙に違う焼き上がりになっています)。

実は、この印画紙も貴重品なのです。

裏面には切手を貼る欄や宛名欄、メッセージ欄の下にフォトグラファーがサインをする欄まで作ってあり、ポストカード好きにはたまらない印画紙です(※もちろん普通の印画紙の裏は、単なる白紙)。

私もモノクロを手焼きするようになって以来、嬉しがって何箱も買って焼いたものです。

このポストカード印画紙は、イギリスのILFORD社製で、昔は日本でも簡単に買うことができました。

ところが、ILFORD社が経営不振に陥り、別会社の経営となって、このポストカード印画紙は製造停止になってしまいました。

もう、どの店を探しても売っていません・・・

そこで、なんとイギリスの写真店にあった在庫を買って来ちゃいました

でも、もう次にイギリスへ行っても見つからないでしょう。

というわけで、いま手元にあるのが最後の1箱となるため、大事に大事に焼いていくことにしました。

なお、モノクロ手焼きポストカードには、飾ってもいただけるようにオリジナル台紙をお付けいたします。

click▼【いつかサロン】の詳細、お問合せは↓をクリックしてください

Photo_3

|

« おじいちゃんの古かばんの中身 | トップページ | リハーサル »

「いつか」サロンvol.1」カテゴリの記事

コメント

淋しいね

ILFORDのFILM HP ?モノクロなのに

カラー現像するFILM(ISO 400)を好みよく使いました

ポートレートにB/W 印画紙もよく使いました

淋しいです今イタリア製のネガFILMにハマってます。

ポストカード楽しみです

投稿: gucci | 2010年2月 1日 (月) 13時46分

私もモノクロフィルムは今でもILFORD XPⅡ400を使ってます。

手焼きモノクロは、ポストカードも展示用の大判写真もかなり気合入れて焼きましたので、Gucciさんも楽しみに観にいらしてくださいね(^_-)

例のイタリア製フィルム、私も是非いちど使ってみたいと思っています!

投稿: ♪Gucciさま | 2010年2月 2日 (火) 03時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おじいちゃんの古かばんの中身 | トップページ | リハーサル »