« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月22日 (日)

MichiPhotographyより☆

『撮影だより』を更新しました。

ただいま急ピッチでウェディングフォトの納品作業を進めています

Tayori_tag_3 ←クリックしてください♪

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

写真講座と母ブログ

ワタナベミチ写真講座の教材カレンダーが完成しました☆

59tora

皆さんが、中にどんな写真をレイアウトしてオリジナルの生写真カレンダーを完成させるか・・・

2週間後、最終回の作品発表が、とても楽しみです!!(私も早く作らなきゃ

----------------------------------------

久々に「ふぉとみっちゃん」の母ブログが更新されました。

母娘の旅は、いよいよ私の「イギリスの故郷」ロイヤル・レミントン・スパへ_。母の目線で語る10年前のエピソードが私にとっても懐かしいやら、新鮮やら

写真を見ると、やっぱり10年間で顔つきが変わったな~と自分で思います…着ている服は今も変わりませんけど

>>イギリスの田舎とB&Bめぐり

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

THIS IS IT

マイケル・ジャクソンの『THSI IS IT』を観て、私は思った。

「天才」とか「カリスマ」って言葉を、やすやすと使うものではないと。

「本物」を言葉で説明したり、数字で証明したり、

「本物」と「まがいもの」を区別するのは難しい。

けれど、一切の先入観を捨てて実際に目の当たりにしたら、「それ」が「本物」かどうかは、すぐ分かる。

“THIS IS IT!”は「さぁ、いよいよだ!」という意味の慣用句らしいけど、この映画のITは「本物」を意味しているようにも思う。

「さぁ、これが「本物」だ!」と。

この映画(ロンドン公演に向けてのリハーサル風景)を観ている間、「もし本公演が実現していたら、どんなに素晴らしかっただろう」と、何度も思った。

その一方で、本公演なんて最初から存在しなかった。。最初から、このリハーサル風景こそが本公演だったのではないかという気もしてくる。それほど『THIS IS IT』はパフォーマンス、演出、編集の全てにおいて完成度の高い作品に仕上がっている。噂には聞いていたものの、本当に凄かった。

それは、「もはやマイケル・ジャクソンには本公演を乗り切る力が残っておらず、最初から本公演が無くなることを見越してリハーサル風景を収録していた」という意味では、必ずしも無い。

仮に本公演が行なわれていたとしても、このリハーサルこそが最高の出来(=本物)だったことは十分あり得る。

リハーサルだから歌もダンスも100%の力を出し切っているわけでもないし、周囲への指示出しでパフォーマンスが中断されることも多い。でも、その力の抜き加減や、指示を出す様子が、とてつもなく洗練されていて、めちゃくちゃカッコイイ。

彼のダンスの振付を真似する人はゴマンと居るけれど、彼のダンスの1番たぐい稀なところは、決まった振付の無い部分・・・無意識で音楽に身を任せているときの、独特のカウントのとり方(音やリズムの解釈のしかた)や、身体の動かし方(筋肉や関節の使い方)にある。

この、誰もマネすることのできない無意識的な凄い部分が、リハーサル風景では存分に垣間見ることができる。チャップリンやフレッド・アステアもそうだけど、歴史的な「本物」の凄さは、むしろ本番よりもリハーサルの記録映像に残されていたりするものだ。

一緒に観に行ったTomoさんも言ってたけれど、マイケル・ジャクソンの生涯がこういう結末でなかったとしたら、映画『THIS IS IT』が作られることもなく、私達がマイケル・ジャクソンを「本物」かどうかを目の当たりにする機会も二度と訪れなかったかもしれない・・・そう思うと、とても複雑な気分になる。

映画の中の祝福に包まれた彼と、報道で取り沙汰される悲愴な彼を重ね合わせると、「本物」だけに与えられた喜びと、背負わされた苦しみに、思いを馳せずにはいられない。

『THIS IS IT』は、「本物」の目撃者として私達が「目の当たりにするべき」映画なのかもしれない。

58it

映画鑑賞の後は映画館の階下のカフェ『Le Ba-Ta-Clan』でお茶の時間。このカボチャのケーキ、たまらなく美味!(※イギリスで故障して以来、久々に復活したRICOH GX100で撮影)

| | コメント (6)

2009年11月15日 (日)

エンディング&ネバーエンディング

『Mon cheri~5人の女性ウェディングフォトグラファー写真展』が、先週木曜日、無事に千秋楽を迎えました。

01

写真にまつわる「晴の日」には、何かしらカメラのチャームを身に着けることにしている「ふぉとみっちゃん」。今回は、誕生日プレゼントでもらった毛糸のカメラポシェットを着けてエンディングパーティに出席しました。中にはCONTAX T3が入っています。

パーティ参加者はナント100人弱!こんな大勢の方々に一度に作品を観ていただき、スピーチを聴いていただく機会は初めてなので、私達5人もかなりテンション上がりました☆

いつも作品を展示させていただいている(→なので、私の回りではスッカリ有名人)のお二人も、京都からパーティに駆けつけてくださいました。

03_2

見た目も歌声もトークも全てがスペシャルなゲスト『ハレルヤ・シスターズ』が登場すると、会場がライブハウスに一変♪聴衆の写真撮影率の高さだけが、これが写真関連イベントの一環であることを思い起こさせてくれます。

02

17日間の写真展にも、ゲストブックにメッセージを残してくださった方だけを数えても300人を優に超える方々が訪れてくださいました。

忙しい合間を縫って足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございました。また、来られない方からの応援メッセージも多数いただき、とても嬉しかったです(^^)

写真展が終わるたびに毎回思うことですが、皆さんからいただいた数々の「声」を糧に、そして今回は、素晴らしき仲間とのグループ展を経験して感じたこと、学習したことを胸に、次の作品、次の写真展(ま、しばらくは通常業務と充電に専念する予定ですが^^;)を志向していきたいと思います。

この写真展ブログも読んでいただき、ありがとうございました。 

※もちろん写真展は終わっても、まだまだ「ふぉとみっちゃん」の日々は続きます

さらに詳しいレポートをPINTOブログでご覧ください。>>PINTO

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

緊急のお知らせ

明日、いよいよ『5人の女性ウェディングフォトグラファー写真展』が最終日を迎えます。

で、8~10pmまでエンディング・パーティを開くのですが、その前の5~6pm頃、一旦お店がパーティ準備のため完全に閉店するそうですおそらく大勢のパーティ参加申込をいただいたためかと…

急遽このような形となり、予定されていた方にはご迷惑をおかけするかもしれませんが、何卒ご了承くださいませm(_ _)m

あぁ・・・明日、何着て行こうかなぁ・・・

-------------------------------------

『撮影だより』を更新しました。これまでのウェディングフォト作品集も、分かりやすく1つにまとめましたので、どうぞご覧ください↓

Tayori_tag_3

| | コメント (2)

2009年11月 6日 (金)

ささやかな。。。

現在開催中の『5人の女性ウェディングフォトグラファー写真展』に合わせて、新しいMichiPhotographyのフォトカードを作りました(旧フォトカードは先の個展で配布完了しています)。

03

04

普段は2つ折りにして、メッセージカードとして使っているのですが_

01

今回、会場には折らない状態で設置しています。

ささやかながら、お気に召した方にはお持ち帰りいただいて、このような形でお楽しみいただければと思いまして

02

ちなみに、この写真は今年の8月にイギリスのオックスフォード大学で撮影したウェディングで、私自身お気に入りの1枚。

雨模様のなかチャペルへ向かう2人が、構図的にベストの位置へ来たときに、“いかにもさり気なく”2人の名前を呼んで、振り向きざまを撮影しました。完全に無防備な2人だからこそ、彼ら本来のカッコ良さ、可愛らしさを写真に写し込めたと思います。

今回、私の展示のテーマはウェディングDAYの舞台裏の『愛しい時間』。

写真展のタイトル『Mon cheri(愛しい人)』に絡めて思いついたものですが、結局、この『愛しい時間』を写したものが、1番MichiPhotographyらしい写真ではないかと思います。もちろん、この写真も会場に大きく展示しています。

この写真展は、来週木曜日まで開催されています。

私は明日(土曜日)と、来週の水・木は在廊の予定です。(但し、時間が確定できませんので、行き違いの際は申し訳ございませんm(_ _)m)

なお、日曜は定休日ですので、くれぐれもご注意ください

★写真展の詳細はコチラ

★写真展のショートムービーもご覧ください(^_-)

追記:「ふぉとみっちゃん」もオススメの『北浜バーガー』ですが、作るのに手間がかかるため、平日のランチタイムはオーダーできないそうなんです(土曜日の終日と、平日の夕方のみのメニュー)。平日のランチタイムにしか来られなくてバーガーを楽しみにしていた方もいらっしゃるかと思いますが、悪しからず、ご了承くださいませm(_ _)m

| | コメント (2)

2009年11月 5日 (木)

講座あいまTEA,08秋②

先日、プレゼントでいただいた『ヴィタメール』のチョコレートがあんまり美味しかったので...

調子に乗って、今日の「講座あいまTE」も大丸京都店にあるヴィタメールのカフェへ。

01_2

以前は「ベルギーの本店じゃないと行く気がしない」なんて、小生意気にウソブイテた私ですが・・・やっぱり美味しいなぁ(メロメロ

ケーキの向こうにボンヤリ写っているのは、講座の『名作紹介』で採りあげたエリオット・アーウィットの写真集。

↓は、先日、中ノ島公園で私が撮影したスナップ...

02

アーウィットの「我々は犬である」の パクリ オマージュです

講座では、フォトカレンダー作りも着々と進んでいます。

03

今日欠席された方も、次回、フォトカレンダーに使用する候補作品(多めに)と、6切サイズに試し焼きした写真(1枚でOK)を持参してください。

6切は、ワイド6切ではなく、通常の6切サイズで。なるべく、「トリミングせず、余白を出す」プリント方法に挑戦してみてくださいね。

きっと面白いカレンダーが作れますので、あと2回がんばりましょう☆

-------------------------------

PINTOブログで、「あなたは女性ウェディングフォトグラファーとして常に意識していますか?」という問いに対して各メンバーが答えを綴っています。ちょっとボリュームがありますが、ご一読ください(感想大歓迎です♪)>>PINTO

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

写真展レポート&今後の予定

この前の土曜日は、会場に訪ねて来てくださった多くの方とお話ができ、とても有意義な1日でした。京都・大阪・神戸_そして名古屋から足をお運びいただき、ありがとうございました☆ でも、行き違いでお会いできなかった方もいらっしゃって…本当に申し訳ありませんでしたm(__)m

さて、会場の『GIOCARE』は通常、日曜祭日お休みなのですが、11月3日(文化の日)は、私たち『Mon cheri』写真展のために臨時開業してくださることになりました。その日に私はウェディング撮影が入っているので在廊することはできませんが、祭日を利用してご高覧いただければ嬉しいです(臨時開業につき、特に来訪の事前予約をお願いしますとのことです→予約Tel:06-6209-0155)。

今週の私の在廊予定は、11月7日(土曜日)です。その日は撮影の仕事ではないので、スケジュールを調整して少しでも多く皆さんとお会いできる時間を作りたいと思っています。写真展最後の週末となりますので、どうぞ遊びにいらしてください(^^)

また、写真展最終日、11月12日(木)8pm~開催される“ディナー(ビュッフェ式)&ワンドリンク&『ハレルヤ・シスターズ』ライブ演奏付きエンディング・パーティ”への参加者(参加費¥2,000)も、引き続き募集しています(11月5日募集〆切)。最後に「5人の女性ウェディングフォトグラファー」が一堂に集まり、パーティ形式で皆さんと楽しく交流しながら写真展の幕を閉じようという企画です。興味のある方は、このブログへのコメントや、ホームページの<お問い合わせフォーム>より、「エンディング・パーティ参加希望」とご連絡ください。

ちなみにパーティ当日は混雑も予想されますので、じっくり写真を鑑賞していただくために、まずパーティ前に一度ゆったり訪ねていただいた上で、パーティにもご参加くださることをオススメしています。

よろしくお願いします(^^)/

▼会場から程近い中ノ島公園のバラ園にて_

00

01

写真展にまつわる詳しい情報はコチラ

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »