« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月25日 (金)

秋の写真講座

早くも、本年度最後の写真講座が、もうすぐ始まります。

今回の基礎講座では、初の試みである「フォトカレンダー作り」を実施します。

私が撮影した「壁紙写真」カレンダーの上に、皆さんの生写真(6切サイズ)を貼って完成させるというオリジナル教材を、ただいま開発中。既に指定の印刷屋さんと製品化の話し合いを進めているところです。

本当は、カメラ屋さんがやっている、デジタル・データをカレンダー台紙にプリントするサービスを利用すれば話は簡単なのですが、そうすると、フィルムカメラを使っている方が参加しづらくなってしまいます・・・。それに、せっかく私の写真講座へ参加してくださるのですから、ここでしか作れないものを提供したいという思い(まぁ、私の趣味^^;)もありまして。

そして、今シーズンは久々にウェディングフォト・セミナーも。

これぞ私の専門分野!なので、特別な思い入れのあるセミナー。しかし、全く新しい試みなので、毎回とてもチャレンジングな企画でもあります。

今回は、せっかく英国ウェディングを撮影して帰って来たばかりなので、その写真や情報もたっぷり使おうと思っています。「遠い国の話」としてではなく、けっこう私達にも使えるヒントが色々あったので。

詳しいスケジュールは、こちらをご覧ください

※教室の都合で変更になるかもしれない事項が生じたので、少し記載を変更しましたm(_ _)m

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

Japanese-style Wedding

土曜日は箕面で撮影でした。

ふんだんな自然と歴史に包まれた、壮麗な和の世界へ~

01_5

花嫁さんのご友人手づくりのリングピローも、しゃれた和風仕立て。

00_4

今回はTomoさんにセカンド・シューターをお願いしました(※左記ブログ〈Boke★Aji〉参照)。

撮影開始1時間前に待ち合わせて、事前に伝えた撮影計画の最終確認。

01_b_3

地上と2階から、お互いの撮影位置などをチェック中。

今回は、美しすぎる木洩れ日がカギとなりそう・・・どうやって、強い明暗差が写真に出るのを避けるか。でも基本は、偉大な自然の光に従うのみです。

そして、Tomoさんに会場の準備風景を撮ってもらっている間、私は「おしたく」撮影。

02_3

和装では、おしたくの時から独特のしっとりとした「和」の雰囲気が漂います。

03_3

会場スタッフさんに手を引かれ、お庭へ出る花嫁さん。長ーいまつげの先にキラリと宿った木洩れ日も、花嫁さんを祝福しているようです。打ち合わせの段階では、伝統的な綿帽子にされるか洋髪にされるか、最後まで悩んでいらっしゃいましたが、このスタイルにされて大正解でしたネ(^_-)

05_3

新郎さんのスマートな着物姿もキマッてて、とても絵になるおふたり☆

04_3

イギリスから帰国早々、こんなに素敵な日本のウェディングを撮影させていただける私も、本当に幸せ者です。

Mini_black_url

| | コメント (4)

2009年9月17日 (木)

帰国報告

出発直前、ヒースロー空港内のカフェにて、女友達のアリソンに会い_

01_3

フリーで活動する「年頃」の女同士、悲喜こもごもの近況報告をひとしきり。

ガールズ・トークにも、国境はありません。

ちなみに彼女は、テディベア、ぬいぐるみ、キャラクターグッズといった「ソフト・トイ」の手づくり作家。この日も、彼女が製作中の「テディベア・ファミリー(The Family)」の最新作である“末娘”を連れて来てくれました。

アリソンの作品紹介サイトも是非のぞいてみてください!≫ http://www.alisonmills.com/

さて、再びタイ航空機でロンドンを発ち、バンコクを経由して_

02

今日の早朝、無事に帰ってまいりました(^^)/

とりあえず、これから連休中の日本ウェディング撮影に集中して、また改めて続きをご報告しますね。

♪あつこサマ・Tomoサマ、コメントありがとうございます。

渡英中の皆サマからのコメント、ちゃんとお返事できないのをもどかしく思いながらも、いつも嬉しく読んでいました。帰国後も、またよろしくお願いします

| | コメント (6)

2009年9月12日 (土)

@near LONDON

イギリス滞在も残すところ、あと4日となりました。

予定どおり3件の英国ウェディング撮影を無事に終え、レミントンを離れて、ベルギーへ小旅行に出かけ、今はロンドン郊外の友人宅を訪ねています。

先日は、4年前にウェディング撮影を担当した方が,娘さんを連れて会いに来てくださり.....

01 

ランチパーティの後、モノクロフィルムで家族写真を撮影しました。

明日の午後、ロンドンのユーストン駅から列車で英国北西部のシュロップシャーへ向かい、BIPPBritish Institute of Professional Photography)のメンバーミーティングに参加します。

8月末に参加した、湖水地方でのウェディングフォト・ワークショップの模様を、TWPメンバーブログの方に詳しく書き込みしました。

興味のある方は、こちらも御覧ください。(^^)/

Dear Yuccin, Thank you very much for your message

| | コメント (1)

2009年9月10日 (木)

a little trip

to Belgium

01_3

02

03

04

| | コメント (2)

2009年9月 7日 (月)

Wedding @ Royal Leamington Spa, UK

01

02

I'll never forget such a beautiful day in my life.

03_3

 

| | コメント (1)

2009年9月 4日 (金)

Pre-Wedding Day

束の間の休息を終えて、今は95日のウェディングに向けて全力を集中しています。

昨日は、花嫁さんがドレスショップでウェディングドレスの最後の寸法チェックをするのに同行。

01_2 

こちらでは、花嫁、ブライズメイド、花嫁の母親など女性陣のドレスは全て買い上げ、他方、男性陣のスーツはレンタルというのが圧倒的に主流なんだそうです。

夕方は、挙式のリハーサルに参加。

私も、司祭さんから挙式当日の撮影ルールの説明を受け、撮影のタイミングやたち位置などを入念にチェック。

02_2 

撮影ルールは、地域や教会・挙式の形式によって様々ですが、この地域での教会挙式は制限が厳しいそうで(*因みに先日のオックスフォード大学でも祭式の最中は撮影禁止でした)、本人からは挙式中は撮影禁止だと聞いていたのですが、司祭さんからNOフラッシュかつ所定の場所からならOKだと言われました。状況的にはかなり厳しい撮影になりそうだけど、ベストを尽くすしかありません。

今回の撮影では、ウェディング前の準備段階からの密着撮影という、これまた一段と、いつもと違う体験をしています。

特に今回は、ほとんどのものが手作りのウェディングなので、準備風景の面白さ(大変さ)は格別!私も撮影の合間に、思わずお手伝い。

03_2 

花嫁手作りの席次表を、ホテルのスタッフに分かるよう、各卓ごとに分けて袋に入れ、テーブル番号を書いてラベリングしました(^^)b

思えば、自分自身のウェディング経験がないので(^^;)花嫁さんが、どんな準備と気持ちを重ねて当日まで辿り着くかということを目の当たりにすることがありませんでした。この経験は、今後の花嫁さんの撮影のためにも、とても良い勉強になりました。

さぁ、あとはいよいよ明日のウェディングDAYを待つのみです☆

04

Thank you very much for your comments

Riyo-san,

Etsu-san,

and

My mum

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

Bank Holiday

2つのウェディング撮影と1つのワークショップを終え、先週末は、ちょっと休息。

折りしも、こちらイギリスでは831日がBank Holidayという祭日(*何かの記念日というわけではなく、単なる休暇のために会社や学校が休みになる日)だったので、土曜から月曜まで3連休でした。

土曜日は、友達に連れられて、ナヴラージュのホームパーティへ。

友達以外は初対面の人ばかりでしたが、とても温かく迎えてくれました。

01

写真の1番左がナヴラージュ。インド系イギリス人です。サマーホリデーのインドネシア旅行から帰ったばかりで、手作りのインドネシア料理や、旅先で撮影した写真を披露してくれました。

02

日曜日は、滞在先のClarkeさんの招待で、彼らの行きつけのパブへ食事に。

03

イギリスでは『Sunday Lunch』といって、日曜日の昼食に、家族そろってローストビーフなどのご馳走を食べる習慣があります。

04 

『ローストビーフ』には、温野菜と、パンの代わりにヨークシャープディングという、甘くなくて具の入っていないパイのようなものが添えられます。それを、グレイビーソースとホースラディッシュという「わさびマヨネーズ」のような調味料と共にいただきます。

月曜日は、レミントンの繁華街へ出かけてシッピングを楽しみました。

まだ少しバーゲンが続いていて、私のサイズは売れ残っていることが多く、ラッキー♪

River Island』という、お気に入り店でスカートとボレロを買いました。

05

まぁこちらでは、こんな装いでお出かけする機会はないですけどね(えっ日本でも?^^;)

Thank you vwry much for your comments

Tomo-san,

Atsuko-san,

Yuccin,

| | コメント (3)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »