« 手づくりドレスウェディング | トップページ | All need is love & peace »

2009年8月15日 (土)

「ふぉとみっちゃん」の旅じたく

今年はスケジュールの都合で<旅行写真講座>ができなかったのと、このごろイギリス旅行の準備について質問されることも多くなってきたので、私の荷造り模様をちょこっと紹介しようと思います。イギリス以外の旅行にも参考になるかもしれないし、イギリスへ旅行するにも大して参考にならないかもしれません。また、よく雑誌で紹介されているようなビジュアル的に美しい旅じたくでもない、至って実用主義的な話なので、その点、あしからずご了承くださいm(_ _)m

【スーツケース】

02

以前、日本から持って行ったサムソナイトがヒースローで突然壊れ、慌てて現地で購入したものを今も使っています。布張りも仕切りも一切ない、単なるプラスチックの箱に車輪と取っ手が付いただけのスーツケースですが、そのぶん軽くて沢山入る(特に、底の部分に写真のポートフォリオやフォトブックが入れやすい)ので愛用しています(先日キャスター交換したら、新品と変わらないくらい高くついたけど…)。

01_3

イギリス旅行の1番厄介なところは、1年中いつ行っても全天候に対応する衣類が必要なこと。

例えば今の季節なら、天気の良い日中は日本と変わらないくらい暑くなる一方で、朝晩や、1日じゅう陽が差さない日(ご存知のように決して珍しくない…)などは冗談みたいに寒い。ゆえに、ノースリーブからフリースまで揃える必要が。

セミの声を聞きながら汗をかきかきフリースの用意をするのは、かなり気持ち悪いけど、イギリスで風邪をひきたくなければ持って行くべき。お風呂上りに羽織ったり、寒い晩にはフリースを着たまま寝ることもできるし。黒などシックなものを持って行けば、おめかしして外出する時にも合わせられて便利。フリースはかさばるので、邪魔なら置いて帰って来ても惜しくはないけれど、陶器など壊れ物を買った場合は、フリースにくるんで持って帰って来ると安全です。

荷物は全て袋に小分けしてスーツケースに詰め込みます。衣類は更にアイテムごとに<洗濯用ネット>に入れて(※写真スーツケースの左上)。旅の途中で洗濯する場合は、そのままネットに入れて洗濯機に入れれば自分のものが区別でき、衣類も傷まないので、とても重宝しますよ。

【薄手のナイロンジャケット】

04

これも必需品。色が気に入ってイギリスの<JIGSAW>で購入して以来、かれこれ10年(!)愛用しています。

ナイロンジャケットは雨はもちろん、寒さ除けにも。フリースの上にこれを着たら、かなりの防寒に(本当に寒い日は寒いんですから!)。

私は飛行機内が寒すぎて着たくなることがあるので、機内持ち込みリュックに入れて持って行きます。

因みにレギンスも、お洒落にも防寒にも役に立つので数枚持って行くようにしています。

【靴】

03_2

これも荷物になりますが、私は3足用意します。

まずは、履いて行く靴。とにかく旅の間じゅう活発に歩く場合は、足首まであるウォーキングシューズがオススメ。特にヨーロッパの石畳を歩くのは存外足に負担がかかるし、雨の日は道の水はけが悪いので、足首までガードした、厚底の靴が適しています(パンクファッションの定番、ロンドンブーツって、それなりの実用性があってイギリスで発達したんじゃないかな)。

私は今回ウェディングの撮影があるので、エナメル仕立てのキレイめウォーキングシューズを履いて行きます(その名もアシックス社の『Tabibiyori』)。

それとは別に、イギリスの<River Island>で購入した、小さくたためるパンプス。例えば同じTシャツにGパンでも、ウォーキングシューズからパンプスに履き変えただけで着替えたも同然になるので、これもあると便利。

そして、健康サンダル…これが、余分といえば余分なんですが。でもねぇ。

1日中、家の中でも靴を履いたままの生活ってのは、やっぱり日本人的にシンドイ。せめて健康サンダルで過ごしたい!

私はキティラーでも何でもありませんが、イギリスに置いて帰ることを想定して。キティ柄だと間違いなく喜んでもらってもらえるので。日本の総理大臣はほとんど知られていないけど、キティちゃんは世界の誰もが知っている_間違いなく彼女こそ、日本が誇るワールドワイド・セレブなのです。

【収集道具】

05

普段から使っているA5サイズ手帖。カバー見開きの左側は、いつものスケジュール帖をそのまま持って行きます。右側は、いつもの雑記ノートを<渡英‘09日記>ノートに差し替え。旅先では毎日、たとえ数行でも日記をつけるようにしています。そして、旅先で手に入れたチケットやカード、そのほか色々な紙切れ類は、片っぱしから、このノートに挟んで収集し(だからノートの綴じゴムは必需品)、宿に戻って「収集袋」に入れ替えます。

「収集袋」はA4サイズのビニール封筒。軽くてかさばらないので10枚ほど持って行きます。訪問地ごと、あるいは種類ごとに分けて入れて、封をして(何度でも貼って、はがせる)、表にマジックでタイトルを書いておけば後の整理が楽ちん。もちろん、宛名を書いてそのまま郵送にも使えます。イギリスのエアメールは高額ですが、軽量の書籍郵便は割安なので、私は買った雑誌なども<収集袋>に入れて郵送することもあります。

【お守り】

06

あまり私はゲンを担いだりする方ではありませんが、このクマだけは、10年前の初渡英以来、ずっと持って(持たされて?)います。母の手づくり。今回、リュックが新しくなったのを契機に、ボロボロだったリボンを新調しました。クマの縫い目のボロボロはそのままですが…でも、それさえも愛おしい、真の「旅の相棒」です。

旅の途中で、このクマに興味を示してくれる人がけっこう多くて、由来を説明すると「What a wonderful bear!」とか、「Good Luck!」とか言ってもらえます。やっぱり、今のところ旅で大きな事故や被害に遭っていないのは、このクマに守られているのかもしれませんね。。。

【お守り】とは少し違うけど、ガラリと違う環境の中に「普段と同じもの」を持ち込むと、それだけで随分落ち着くもの。何に落ち着きを感じるかは人それぞれですが、例えば私は、歯ブラシ。旅行用の小さいのではなく、普段と同じ歯ブラシで朝晩磨いてると、それだけで旅が日常化する気がします。

後はノド飴と葛根湯。梅など和風味の飴を持って行くと味覚が落ち着くし、あちらの人に分けてあげると喜ばれます。葛根湯は体調管理に。お湯で溶いて飲むと、少々の風邪なら一発で完治。たぶん猛烈に苦い味も「気付け」効果があるのでしょう。

あと、「普段聴いている音楽」も私には欠かせません。

本当は邦楽も恋しくなりますが、何せ耳と脳ミソを英語シフトに切り替えなければならないので、ここは敢えて洋楽のみ。ビートルズなら<RUBBER SOUL>デビッド・ボウイなら<HUNKY DORY>など、自分が特に好きなアルバム中心に。あと、個展で使った音楽と、寝つきの悪い夜に聴くドボルザークの「弦楽セレナード」。それと、このまえ東京で「チャップリン友(いや、師匠)」からいただいた、チャップリンの「Smile」のカバー曲ばかりを集めた『The Smile』(←勝手に命名)も。因みに、「Smile」は、よくナット・キング・コールのオリジナルだと思われていますが、元はチャップリンの『モダン・タイムス』のラストシーンで流れる、チャップリン自身が作曲したインスツルメンタルなのです。

07

これらを全てipodにインポート。

とはいえ、

「ふぉとみっちゃん」の旅の守り神は。。なんといってもカメラですけどね、やっぱり(^_-)

|

« 手づくりドレスウェディング | トップページ | All need is love & peace »

イギリスだより‘09」カテゴリの記事

コメント

みっちゃん

気をつけて行ってきてね~(*゚▽゚)ノ

しばらく寂しくなるけど、沢山の事を吸収
できる事を祈っています

また凱旋祝いに行きましょう!!

旅のご無事をお祈りしています!
Bon boyage

投稿: etsu | 2009年8月15日 (土) 14時55分

えっちゃんへ

いつも温かい気持ちと言葉をありがとうございます

留守中、なにかと(特にPintoで)お世話をおかけしますが、よろしくお願いしますね。

帰国後、美味しいもの食べ(飲み)ながら、えっちゃんと「積もる話」するのを楽しみに、元気に帰って来るようにします♪

投稿: ♪Etsuさま | 2009年8月15日 (土) 18時07分

U2も

持って行ってください

そして 俺いらも

投稿: gucci | 2009年8月15日 (土) 18時21分

いってらっしゃ~い

むこうでのいろんなこと 又教えてくださいね

投稿: マツガシタ兄さん | 2009年8月16日 (日) 10時17分

Gucciさんへ

そうだな~U2なら、やっぱりいただいた『18 SINGLES』持って行こうかな。

でも、センパイはipodに入りませんので…あしからず

投稿: ♪Gucciさま | 2009年8月16日 (日) 19時55分

兄さん♀へ

こちらこそ
アメリカ珍道中(!?)ばなし楽しみにしてます

投稿: ♪マツガシタ兄サマ | 2009年8月16日 (日) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手づくりドレスウェディング | トップページ | All need is love & peace »