« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

写真講座09夏・修了

講座の最終日は、恒例の自作写真集お披露目会。

↓昼クラスの作品

Hiru

↓夜クラスの作品

Yoru

表紙だけでも壮観ですね

中身もナカナカの力作ぞろいで_お見せできないのが残念です。

残念といえば、

せっかく完成させたのに持って来るのを忘れてしまった方や

最終日に出席できず写真集を披露できない方もいらっしゃいましたが…

そんな皆さんも含めて、お疲れさまでした

今期は、美しい作品、美味しそうな作品、可愛い作品、カッコイイ作品…そして、いつもにも増して「不思議」「ユーモラス」な作品が多かったのが印象的でした。

これを機に、皆さんの「写真のある暮らし」が益々豊かになることを願っています(^^)

| | コメント (8)

2009年7月25日 (土)

現場復帰/プチ追記

ある種、現実ばなれした“写真の小部屋のあるじ”から。。

本来の姿↓に戻りました。

01_3   

写真は前回お撮りしたお二人(※編集を完了したところ)ですが、

今日も私は、同じ機材、同じ黒服、そして同じヘアメイクのセンセイ♪と共にウェディング撮影でした。

個展で得た<誇り>と<課題>を胸に_

あくまで私は私らしく。

これからも“実り豊かなウェディングフォト”に取り組んでまいります☆

02

03

04

↓ウェブサイトのトップページ(と、ギャラリーも。)更新しました

Mini_black_url

※トップ画像にカーソルを当てて(ついでにクリックして)みてください

| | コメント (4)

2009年7月24日 (金)

既製品のA5ファイル(布張りの、ちょっと良いものを買ってきたのに)に収まりきれず、手製の表紙を作ってリボンで綴じて、ビジターズ・ノートブックをこしらえました。

01

この中に、11日間で集まった156の「声」が詰まっています。

_といっても、人気ブログの1日のアクセス数にも及ばない数でしょう。

でも、これだけの方が生の写真を観てくださり、生の「声」を残してくださったことに、私は今、単純に感動しています。

長い文章や、ほんの一言

ホメ言葉、シビアな意見、ビミョーな感想

サラサラッと、あるいは、考えに考えて…

書いてくださった「声」の1つ1つが、私にとって次の作品づくりの糧となる、かけがえのない意味を持っています。

特に、日本のウェディング、英国のウェディング、スナップフォト、手焼きモノクロ、“Time goes on project”_等々、「良かった」という感想が1つのものに集中せず、ほどよく割れていたのが、作り手として嬉しかったです。

また、マスキングテープでの展示も、おおむね好評でしたが、「作品の良さを半減している」という率直な感想もあり、それもまた、ありがたいことだと思っています。

「声」を寄せてくださった皆さま、ありがとうございました。

02

またひとつ、「ふぉとみっちゃん」の宝物が増えました。

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

また会う日まで。。

00_2

↑ブログ初(そしてファイナル)公開、小部屋の中身。

001

↑撤収部隊(皆さん、ありがとうございました)

002

↑撤収見舞(モリサン、ごちそうさまでした)

01

サヨナラ、写真の小部屋。

| | コメント (14)

2009年7月21日 (火)

プレ最終日

開催当初、小部屋いっぱいに広がる芳香を誇っていたローズ・ポプリも

今は、ほのかな香りを漂わせるのみ。

明日の6時_最後まで、

香りつづけてくれますように。

01_2

カメラ[ai]の旅

| | コメント (3)

ランチ

三連休は、京阪神の方々に加えて、遠方からのビジターさんも大勢いらしてくださいました。

なかには「ホームページを見て金沢から来ました。」と言ってくださった初対面の方もあったりして…嬉しいやら驚くやら。ひとことで表現するなら_

インターネットおそるべし

このブログを見て、福岡発京都行き女1人旅を敢行してくれた友達と、一緒にランチを食べました。

木屋町の奥座敷的タイ料理店にて↓

01

グリーンカレー付プレート・ランチ。予想以上にマイルドだったけれど、今も舌先に風味が残っているほど美味でした。

京都に住んでいても、ギャラリーの近所じゃなかったら気づかなかったであろう店_

なんだか、得した気分です♪

| | コメント (6)

2009年7月20日 (月)

雨の日

01

03 

02_3

| | コメント (4)

2009年7月19日 (日)

夢☆

晴待顔』の“モリチャン”から_

お手紙と、嫁ぎ先である〈たまだ屋〉さんのおせんべいが鳥取から届きました。

Tamadaya

たまだ屋さんは、鳥取が世界に誇る写真家、故・植田正治氏も大好物だったという老舗のおせんべい屋さん。

『晴待顔』の後、赤ちゃんが誕生したご夫婦を再び鳥取に訪ねた折り、たまだ屋さんも見学させていただいたのですが、本当に1枚1枚、工芸品を作るように丹精こめて(そして一家総出で)おせんべいを焼いていらっしゃる様子が印象的でした。あのときの光景、店内いっぱいの甘い香り、「チャリン☆チャリン☆」という鈴のような優しい古風な機械音などを思い出します。

あの頃(※かれこれ9年前)と変わらない美味しさと。。

「変わらない絆」という、ウェディングフォトグラファーにとって何よりの夢をいただいた気がします。

カメラ[ai]の旅

| | コメント (2)

2009年7月18日 (土)

三連休も開いてます。

01_7  

事務員…じゃなくて

写真の小部屋のあるじより。

カメラ[ai]の旅

| | コメント (0)

2009年7月16日 (木)

個展あいまTEA

どんなに忙しくても、ほぼ毎日、午後の≪お茶の時間≫だけは欠かさない「ふぉとみっちゃん」ですが_

個展開催中は、「2階のカフェへ寄って行きます♪」というビジターの後姿を羨ましく見送りながら、ペットボトルの水を飲んでしのいでいます(^^;)

昨日は、愛しの探偵事務所を助っ人に預けて、写真講座へ_

01

講座の合間に、すかさず行きつけの『o-cha cafe』へ寄って、久々のティタイムを満喫。

02

そして

ギャラリー定休日の今日は、家で連載最終回の原稿を書き、宿題のRAW現像の続きをやっていました。

もちろん、午後にはお茶を淹れて♪

さぁ、これで小休止はバッチリ☆

明日から、個展は2週目に突入です。

カメラ[ai]の旅

| | コメント (4)

2009年7月15日 (水)

祇園祭の風が。。

この写真の小部屋にも。

01

明日の水曜日、私はギャラリー不在ですが、ステキな助っ人が在廊してくれてます。

あんまり不在者の暴露話に花を咲かせすぎないでくださいね_

講座の最中にクシャミが出ますからっ

カメラ[ai]の旅

| | コメント (0)

2009年7月13日 (月)

写真の小部屋は。。

宿題の撮影データを持ち込んで、写真「作業」の小部屋にもなっています。

01

このギャラリー、昔の小説や映画に出てくる探偵事務所みたいで、大好きなんです、私。

カメラ[ai]の旅

| | コメント (10)

2009年7月12日 (日)

プロジェクト

以前、ウェディングをお撮りした方が訪ねて来てくださったら、ギャラリーの片隅で撮影して、ウェディングフォトと2枚並べて展示させていただいてます。

題して≪Time goes on project≫ (←今、思いついたタイトル ^^;)

ブログでは、あえて“本撮影あいま”のオフショットを↓

02_2

このプロジェクトの展示は日が経つにつれ徐々に増えていってます。

また、フレームPhoto(※フレーム入り生写真)も、お買い上げいただいた写真が別の写真に、ちょこっと入れ替わったりしています。

なので_

お時間のある方は、また観に来てください♪

カメラ[ai]の旅

| | コメント (0)

第10回連載・・・そして2日目

フォトエッセイ『英国ウェディング物語』を連載中の月刊誌『ミスターパートナー』が、カメラ[ai]の開催に合わせて(ウソです)昨日、発売されました。

ちなみに、個展会場では最新号と、1~9回までの連載のスクラップを設置してますので、是非ご閲覧ください。

02

2日目は、週末らしく、クローズ間近まで沢山の方が訪ねて来てくださり、幸せでした。

おなじみの方、久しぶりの方の来訪も凄く嬉しかったし、お連れの方や、サイト検索・雑誌の告知(※知らない間にカメラ雑誌『PhatPhoto』で告知してくださっているようです。)を見て来てくださった方との新たな出会いにもワクワクした1日でした。

カメラ[ai]の旅

| | コメント (2)

2009年7月10日 (金)

晴れて(なかったけど)初日

記念すべき1番最初のビジターは、1時40分頃。。。

なんと、韓国から来日旅行中のキムさんでした。

01_2

キムさんも韓国でカフェ・ギャラリーを経営されていて、ガイドブックに載っていたmizukaに興味を持って訪れたのだとか。

私に、韓国に来て写真展やウェディングフォトをやってほしいとプロポーズ(?)してくださいましたが…

実現したら面白いだろうなぁ!

カメラ[ai]の旅

| | コメント (2)

2009年7月 9日 (木)

モノクロ・音楽

この期に及んで、さっきまで暗室でモノクロを焼いていました。

今回の個展でも、少しだけグッズを販売します。

前回の個展まではポストカードを置いていましたが、今回はフレーム入り生写真を。カラーとモノクロ手焼きの2種類を用意しています。1日5~6個づつの超少数限定ですが、ギャラリーへ来られたら、どうぞ手にとって御覧になってみてください。

ただいまフレームの塗料を乾かし中↓

01

あと、MichiPhotographyのオリジナルBagも販売します。

たかがBagといえば、それまでのシロモノですが・・・

それなりに形と色とロゴに腐心した特注品でございます(^^;)

本来、ウェディングフォト製品を入れるのにジャストサイズのBagなのですが、

本とかLPレコード(←今どき誰が?)を持ち運んだりするのにも、ちょうど良い感じです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

そして、会場で流す音楽を編集しました。

実は、これがと~っても楽しみだったのです♪

これまでの会場では、私に音楽の選択権は無かったので。

今回は、小さいハコながら、壁、棚、机、空気まで自分の好きにアレンジできるのが嬉しくてたまりません。

普段はビートルズ、デビッド・ボウイ、U2、ストーンズ、コステロ、アート・ブレーキーから嵐まで...もっぱら男子系音楽を聴きながらガンガン作業している私ですが_

個展会場は、おしとやかに

女子系音楽でまとめます↓

02

映画〈バクダッド・カフェ〉の主題歌である名曲〈コーリング・ユー〉は、「ふぉとみっちゃん」の旅のテーマソングです。

移動中の乗り物の中など、ふと感傷に耽るとき、必ずといってよいほど、この曲が頭の中で流れだすのです。

ビリー・ホリデイは、20代の始め頃からずっと愛聴している1枚。

ノラ・ジョーンズは、ちょうど私がイギリスで暮らしている頃デビューして大ブレイクした人、当時、私もよく聴いてました(やっぱりこのデビュー作が1番好き)。

レイチェル・ムーアのCDは、イギリスで本人からいただいて来たもの。

なかなか音響の良い会場でもあるので、こちらの方も、お楽しみに♪

カメラ[ai]の旅

| | コメント (4)

2009年7月 8日 (水)

訂正:mizucaへの道

このブログに書いたロシア雑貨店。今日、前を通ったら・・・

なくなってました

{だから最後に覗いたとき全品割引セールやってたのか。。。}

混乱するといけないので削除しますね。

あしからずm(_ _)m

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ギャラリー・カフェ『mizuca』は、河原町と寺町の交差点の角のビルの2階(カフェ)と3階(ギャラリー)です。

京阪五条駅より徒歩5分。JR京都駅より市バスに乗り「河原町五条駅」下車、徒歩約2分。

阪急電車だと、河原町駅から歩いて8分くらいです。(※車でお越しの方は、専用駐車場はありませんが寺町通にコインパーキング多数とのこと。)

ここでは、いつも私が歩いている「mizucaへの道/寺町通り編」をご紹介しましょう。

阪急の四条河原町で下車。10番出口を出ると_

01

真向かいに〈オタフク コーヒー〉が現れます(※ここが目的地ではありません)。そちら側に道を渡って_

02

「ふぉとみっちゃん」行きつけの古本屋の前などを通り過ぎます(※いえ、入ってくださってよいですが、くれぐれもここが目的地ではありません)。

04

古式ゆかしい建物や_

05

06

07

飲食店のショーウィンドウに並んだ、外国人旅行者が必ず目を丸くする精巧な「ニセモノ」焼そばなどに気を取られているうちに_

08

通りの突き当たりにクリーニング店の看板が立ち現れ_

09

そのビルの正面に回り込んだら、そこがmuzucaの入り口です。

10

3階ギャラリー訪問の後は、2階のカフェでお茶をお楽しみください。

13

大きさも、メニューの種類も、時間の流れも、全てが可愛らしくて「おっとり」した空間です。

mizuca

カメラ[ai] の旅

| | コメント (2)

2009年7月 7日 (火)

貼って、はがして、また貼って・・・

高槻のJKカフェで展示していた≪高槻ジャズストリートの≫写真を―

01

02

日曜日の夜に撤収。

昨日から、mizucaに展示する≪カメラ[ai]の旅≫の写真の貼りつけ作業を始めました(※あ、ちゃんと仕事も進めていますので)。

この空間が、どんなふうに様変わりするか―

03_2

お楽しみに♪

04_3

カメラ[ai] の旅

| | コメント (2)

2009年7月 2日 (木)

祇園祭と写真展

「祇園祭に合わせて写真展行きます。」という声をチラホラいただいているので、簡単なスケジュールを挙げておきます。

宵山あたりとギャラリー定休日が重なっているので、ご注意くださいね(※大混雑を避けるのであれば、いずれにせよ宵山は16日以前がオススメ)。

「schedule.doc」をダウンロード

【おまけ】

01b

昨日は、講座あいまイノダコーヒー。

写真展 カメラ[ai]の旅

| | コメント (2)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »