« ロベール・ドアノー展 | トップページ | @熊本 »

2009年3月17日 (火)

第6回連載・・・もうすぐ春

すっかりご無沙汰している間に_

「ふぉとみっちゃん」のフォト&エッセイ『英国ウェディング物語』が掲載されている英国情報誌『ミスターパートナー』の4月号が現在発売中です。 >> http://www.mrpartner.co.jp/file/mokuji/content.html

この連載は、日本とイギリス双方のウェディングを撮影した経験を通じて、「ふぉとみっちゃん」的(=ざっくばらんな)日英文化比較を綴っているもの。第6回の今回そして次回は、文化を語る上で外せない-というか、個人的に絶対外せない「食べもの」にまつわるお話です。よろしければ、ご一読くださいませm(_ _)m

そして、今月号の特集記事は『ウェストフィールド・ロンドン徹底攻略ガイド』。 『ウェストフィールド・ロンドン』というのは、去年10月、ロンドン南西部の町シェファーズ・ブッシュ(Shepherd's Bush)に誕生した、(市街地に建つものとしては)欧州1の規模を誇る巨大ショッピングモールなんだそうな。

ついこの間までの絶好調景気はまさに泡のごとくハジケ飛び・・・今、イギリス経済は目も当てられないようなジリ貧状態。現にイギリスの友人達の苦境も色々耳にするので胸が痛みます(いえ、我々も呑気に同情できるような身分じゃございませんが)。その只中での、この派手な開発プロジェクト。果たして吉(景気テコ入れ)と出るのか凶(大赤字+乱開発)と出るのか。。。

そんでもって、シェファーズ・ブッシュは何を隠そう、私がロンドンで初めて住んだ町なのです。2000年当時、帰国前の3ヶ月間、レミントン・スパからロンドンへ転居したのですが、手頃かつ必要最低限程度に快適で安全な住居を見つけるのに、そりゃあもう死ぬほど苦労したもんです。で、やっと見つけたのがシェファーズ・ブッシュ駅近くのアパートの1室。セルビア人とクロアチア人のカップルが住むフラットの1室を間借りして過ごしたのでした(※母ブログの初回にちょろっと登場してます >> http://blog.goo.ne.jp/t4-2/e/54a809a12e474b8d0e789eba1bbca293)。

シェファーズ・ブッシュか~ 懐かしいな~ 青春だな~ 

雑誌にも書いてあるとおり、この辺りは特に小奇麗でも何でもないエリアでしたが、色んな店やマーケットがあったり、ノッティング・ヒルまで歩いて(!)行けたり、生活するにはナカナカ快適でした。それが『ウェストフィールド・ロンドン』の出現で、どんな様子に変わっているのか・・・今度、渡英したら訪ねてみたいものです。

*********************************************

ブログ更新をしばらく怠っていると・・・誰かしらから「大丈夫か?」という消息確認の問い合わせが届きます(^^;)

で、「元気だよ。」の返事がてら、高校時代の友達と(←会社の代休を取ってもらって)、隣町のカフェまでランチに出かけて来ました(※写真はCaplio GX100の正方形フォーマットで撮影)。

02

03

前菜は、さやえんどうと生サーモンのマリネ。メインは、菜の花とマスタードのパスタ。

最近、撮影現場かモニター画像しかろくに見てませんでしたが、お皿の上に春の訪れを見ることができました。

04

友達のメインディッシュ、ハンバーグと野菜たちの丸っこいビジュアルも、キュート。

05

06

食後の『バブル・タルト(※メレンゲとレモンカスタードのパイ)』からロイヤル・ミルクティに至るまで_沢山食べて沢山笑って(!)、実り豊かなランチタイムでした。

そしてランチ後は_なんと!?数年ぶりのカラオケへ。

元々滅多に行かないのだけれど・・・最近、たまたま2回ほどカラオケで歌いそびれる機会があったこともあり、存分にハッサンさせてもらいました(^^)V 

We’re gonna Step and Go♪

娘のブログ以上に好調と巷で囁かれている「ふぉとみっちゃん」の母ブログも更新されてます >> http://blog.goo.ne.jp/t4-2

|

« ロベール・ドアノー展 | トップページ | @熊本 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

私も ブログ更新されないので、忙しいのかなあと少し心配していました。写真教室 盛況ですから ミスターパートナー 烏丸に出てこないと手には入らないので、一週間も経ってしまうと、売り切れましたと言われるんじゃないかと、ドキドキしながら、本屋さんに行きます。4月号も興味深く読ませていただきました。ビュッフェスタイルはとても以外ですが、合理的で良いかもしれないと思いました。 イギリス料理は私はよくは知りませんが、殆ど ポテトだったと、半年ばかりお世話になった 娘が いっていました。 写真講座の皆さんに圧倒されていますが、自分を見失わないよう、一つづつ ステップアップ出来れば良いなあと思っています先生 お疲れが出ませんように

投稿: あつこ | 2009年3月22日 (日) 21時48分

あつこサマ

お気遣いありがとうございます。
この連休も撮影続きで、さすがにちょっと身体がグロッキー気味ではありますが(^^;)
とても良い撮影をさせていただいたので心は晴ればれ、元気です

{一週間も経ってしまうと、売り切れましたと言われるんじゃないかと、ドキドキしながら、本屋さんに行きます。}

なんか、特集記事によってはそんな時もあるようですね。小さな書店だとゼロか、せいぜい2,3冊しか扱いがなかったり…読んでいただくのに色々お手数おかけしてますm(_ _)m

{イギリス料理は私はよくは知りませんが、殆ど ポテトだったと、半年ばかりお世話になった 娘が いっていました。}

確かに…ポテトの量が半端ないっ。でもまぁ日本でもご飯を沢山食べる習慣はありますからねぇ(因みに大柄の西洋人も、ご飯は余り沢山食べられないようです)。
雑誌にも書いたとおり「イギリス料理」は決して一流とは言えないと思うけど…ただ、例えば濃厚なフランス料理などよりも私には合っているようです。

{写真講座の皆さんに圧倒されていますが、自分を見失わないよう、一つづつ ステップアップ出来れば良いなあと思っています}

そうですよ~!多人数や、他の方の腕前や、欠席が続いてしまったこと等、色んな理由で気が引けている方もいらっしゃるようですが_
そんな心配は全然しなくて大丈夫。
私から見ると「みんな違って みんないい」(by金子みすず)以外のなにものでありません

皆さん、どうぞ自分のペースで最後まで授業を楽しんでくださいね♪


投稿: ♪あつこサマ | 2009年3月23日 (月) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロベール・ドアノー展 | トップページ | @熊本 »