« 大阪,Feburaly 08 | トップページ | 暑中お見舞い(to me) »

2008年6月25日 (水)

一期一会フォト

親愛なるNishiサマ

まとめてたっぷりコメントありがとうございます。

ほんでもって、さすが我らがニッシー★よくぞ、あの写真に触れてくださいました。

大英博物館の正面玄関。古代を象徴するギリシャ神殿風の柱の傍らで、今を象徴するipodを聴きながら、たたずむ女性。

01_2 

普段、私は街で見知らぬ人に「写真を撮らせて。」と声をかけることは、ごくごく稀にしかありません。

というか、実は、街を歩いているとき、あんまり回りの人を見てないんです。連れの人に「今すれ違った人、ステキだったね」とか言われても、ほとんどの場合「あー見てなかった」と答えてしまう「ふぉとみっちゃん」。。。街の中でも、頭の中は異次元をさまよってることが多かったりします(生まれつき、一種の夢遊癖があります^^;)。

たまに「撮ってみたい」と思わせるステキな人を目にしても、「ま、普段ステキな新郎新婦さんをいっぱい撮ってるから、今日はヤメトコ」なんて思っちゃいます(フォトグラファーとしては、一種の任務懈怠です^^;)。

でも、そんな私でさえ、街角で遭遇した人に対して、「今、この人を撮らなければ一生後悔するっ」と感じることがあります。

それが旅先なら、なおさら_ そして、モノクロフィルムを詰めたカメラを持っているときは、なおさら×なおさら (やっぱり、どんなカメラで撮っているかによって、眼に見えるもの、心で感じることまでが、微妙に違ってくるのです)。

その「一期一会フォト」の対象は、《美しい》《カッコイイ》《面白い》など、色んな要素がありますが、私にとって1番のポイントは、その人に《感情移入》するということ。つまり、「今のこの人になってみたいな~」とか「この人の今の気持ちが何となく分かる気がする…」とか勝手に思って、それを写真で表現してみたくなる。。。これはもう、理屈ぬきで。

で、この大英博物館の女性も、その1人。彼女の場合、あえてカメラを意識しない自然な立ち姿のままで撮らせてもらいました。

所かわって、ロンドン随一のハイファッション・エリア、ボンド・ストリートの片隅で_

02_2

あまりにも近寄りがたい雰囲気が漂っていたので、いったんは前を素通りしたものの、どうしても気になって、声をかけることに。

近くのブティックの店員さんで休憩中とのことだったけれど、「なんで、こんなタンクの上に、こんな人が腰掛けて、タバコ片手に本読んでるのっ?!」と、突っ込みたくなるくらい_まるで、私に写真を撮られるのを待っていたかのような、出来過ぎのシチュエーション。しかも、話してみるとナカナカ気さくな人で、やっぱりスーッと《感情移入》しながらシャッターを切ってました。

03

大抵は、あとから写真を送るためにアドレスを聞くのだけれど、何故か、このときは「ありがとう」「じゃあね」と、名前も聞かずに_

本当の「一期一会フォト」になってしまいました。

 【トップ・ウェディングフォト・ウェブ】の「当番ブログ」に今回撮影したロンドンのウェディングの記事をUPしています→ http://jwpa.exblog.jp/

|

« 大阪,Feburaly 08 | トップページ | 暑中お見舞い(to me) »

photography」カテゴリの記事

コメント

コメント届いてますか?

良い写真撮りやがって 此の野郎

投稿: gucci | 2008年6月26日 (木) 07時07分

Gucciサマ

愛ある賛辞ありがとうございます

Gucciさんの口癖「(良い写真の秘訣は)モデル9割、カメラマン1割。」は私も肝に銘じています。こんな私がウェディング・フォトグラファーを続けてこられているのも、日本やイギリスで素晴しい被写体に恵まれてきたからに他なりませんし#^^#
良い被写体に恵まれると良い写真が生まれる_良い写真を撮り続けていれば良い被写体を得る機会が増える_その繰り返しですね。

ところで、やはりイギリス滞在中はGucciさんからコメント届いてないみたい。。。
どこに送っちゃったんですか(^^;)

投稿: ♪Gucciサマ | 2008年6月26日 (木) 12時07分

モデル(被写体)9割、腕1割は9割を越える技術、感性を日頃から養う事で、9割に負けない様がんばってます。10割のモデル掛かってこい、なんて(笑)
michiーさんも頑張って下さい、又酒の肴に写真談義しましょう。
上手く送信出来るかな?えい

投稿: gucci | 2008年6月27日 (金) 16時05分

しらふで送信したらちゃんと届くんじゃないですか~
お互い忙しい身の上ですが、一息ついたら、また遊びましょ

投稿: ♪再びGucciサマ | 2008年6月30日 (月) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪,Feburaly 08 | トップページ | 暑中お見舞い(to me) »