« そして | トップページ | 大阪,Feburaly 08 »

2008年6月 9日 (月)

日英ウェディングフォト考(写真追加)

《旅の目的》

今回、旅の1番大きな目的は、イギリスの写真協会(BIPP)に入会することでした。

BIPPの正会員になるには、①ウェディング②コマーシャル③ポートレイト④ネイチャーなど、特定の部門を選択して入会を申請し、審査を受けなくてはなりません。その部門における(フルタイムの)プロフェッショナルと認定されるために、作品と書類を提出し、審査会に出席して幹部会員のインタビューを受ける必要があります。

その審査会は年に3回ほど実施されるのですが、自分のスケジュール帖とにらめっこして、今年私が行けるのは、どう考えても「今しかないっ!」と。それで、5月10日に日本でウェディングフォトを撮影をして、翌11日の早朝にイギリスへ出発。12日の昼に、イギリスのアイルズベリーという町にあるBIPP事務局で審査会に出席という、強行軍になってしまいました(こーゆーときは時差(*イギリスは日本より8時間遅い)があって助かる ^^;)。

なぜ、わざわざイギリスの協会員になったのかというと_

私の場合、ウェディングフォトグラファーとしての<覚悟>が芽生えた場所が、たまたまイギリスだったから。そのことを単なる思い出にしたくなくて_過去だけじゃなく、現在・未来も何らかの形でイギリスのウェディングフォトと関わっていくことが、自分自身はもちろん、クライアントや生徒さんや私の活動を見守ってくださっている皆さんにとっても、きっとプラスになることなのだと信じて_その関わっていく方法として、BIPPの会員になることに決めた、というわけです(*今年の初め、今後の活動のことでちょっと悩んでいた私に(酒の肴の)会話の中で最高のヒントをくださった某コマーシャル・フォトグラファーにも感謝してます )。

審査会で合格が決まったときは、「キミは日本人初のBIPP正会員だ!」と言われ、審査員にBIPPのチェアマンまで加わって一緒に記念写真を撮ったりなんかして、大いに盛り上がったのですが_

でも、入っただけでは大して何にもなりませんよね...大切(大変?)なのは、これから

Bipp_2 

01_2

02

【写真(上から順に)】①BIPPの雑誌『The Photographers』の記事。②BIPP事務局。③審査会の合間にランチを楽しむ審査員&事務員の皆さん。

「ふぉとみっちゃん」の母ブログが、1週間ほど前にUPされてます_もう、ご覧くださいましたか?→http://blog.goo.ne.jp/t4-2

|

« そして | トップページ | 大阪,Feburaly 08 »

Weddings~ウェディングフォト」カテゴリの記事

コメント

ほほほ~ぅ。
ミッチーはスゴイ人なんだということだけは俺なんかにもわかりました。
日本人初っていうのもまたなんともスンバラシイ快挙じゃないですか!!
なにごとも“初”というのはカッコイイですよね!

いやぁ世界にはばたく日本人じゃないですか!!

関東にもはばたいてきた時には、また呑みに行きましょう(笑)

投稿: Nishi | 2008年6月22日 (日) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そして | トップページ | 大阪,Feburaly 08 »