« Photographer's choise.6 | トップページ | Photographer's choise#7 »

2007年10月26日 (金)

講座あいまTEA,その2

講座あいまTEA2

講座あいまTEA2

講座の合間に打ち合わせを入れたりしたもので、当初のモクロミに反し実に6週間ぶりの、あいまTEA。
午後の講座終了後、まず烏丸通の京都ギャラリーで織作峰子写真展『MY SWITZERAND』を観賞(←旅写真のお手本!10/30まで開催中)。その後、蛸薬師通にふらっと入り込んで出会ったのは『前田珈琲本店』。
私にとって京都の老舗コーヒー店といえば、イノダのこと(烏丸での打ち合わせも大抵ココで)。前田珈琲は名前に覚えはあるものの、来たのは初めて。
広くてウッディな店内やメニュー、店員さんに至るまで昔のまんまな感じがするところは、イノダとよく似ている。
ただ、こちらの方がグッと庶民的。その証拠に(私は前田珈琲の回し者でも何でもありませんが)、【季節限定品】なる栗のパフェ『栗好味』の宣伝コピーを、ここに全文掲載してみましょう。

栗好味(くりごのみ) 390円
マロンクリームにマロンアイス。 渋皮栗に自家製マロンシフォン&マロンプリンと栗づくし! アクセントにきなこのビスコッティと黒豆。 最後のシメは黒みつゼリーと、このボリュームでこの価格!是非!!

どうですっ!近頃やたら気取ってて、やたら意味不明瞭な(日本語的にもおかしい)宣伝文句が氾濫する中、この堂々たる王道コピーは逆にカッコイイと思いませんか(なにげにリズム感も絶妙)!そして、近頃やたら見栄えのする、やたら期待ハズレの商品が氾濫する中、この栗のパフェは「本物」でした!
老舗コーヒー店ではコーヒーを飲むことも多い私ですが、今日は『英国風ミルクティ』を。イノダ、フランソワ、そして前田珈琲_老舗コーヒー店でミルクティを注文すると、決まって、あらかじめミルクの入った紅茶がガラスのティカップに入って出てきます。それはちっとも英国風ではないんだけれど、日本で紅茶が普及しはじめた頃のハイカラ気取りを彷彿とさせる、なかなかオツな味。

前田珈琲店の隣は『和座百衆』という和風雑貨店。ここで、とっても洒落た和柄のエコバッグと靴下を見つけて、衝動買い♪ささやがながら、久々に写真用品以外の買物をしてリフレッシュしました(^^;)

▼「ふぉとみっちゃん」の母ブログ『イギリスの田舎とB&Bめぐり』UPされました(今回は私の撮った写真もタップリお楽しみください)

http://blog.goo.ne.jp/t4-2

|

« Photographer's choise.6 | トップページ | Photographer's choise#7 »

コメント

美味しそう(^¬^)ってまろん??(栗って言いなさいとお言葉も(バク))のオイシイ季節。。。

京の都へこっそりと潜入してお茶したいなぁ~~と思う今日この頃ですわ。。。

と、、、、、来週月曜は都内でアタフタしながら出張ですわ。。って言っても業界の展示会見学と講演会のサポート隊なんですけど、、、
ワタシがスーツ着るのはとても似合わねぇ~~(自爆)

投稿: エフたま。 | 2007年10月26日 (金) 07時57分

その「栗好味」の紹介文はなんだか重量感あっていいですね。それを見たらきっと私も注文してたなっ!
やはり日本は生活の隅々に季節感があり素敵。
こちらは今週末から冬時間。来るんだなーあの暗くて冷たくて長い冬が…。
それにしても写真の渋皮栗、ポイッとお口に放り込みたい!

投稿: Yoko | 2007年10月26日 (金) 21時01分

♪エフたま。サマ

栗ってホント美味しいもんですよね~
庭に大きな栗の木があるご近所さんが、今年もお裾分けをくださったので、近々栗ご飯を作る予定♪(渋皮むきがチョット面倒だけど…)

私は明後日、滋賀で撮影です。お互い無敵(!?)のスーツ姿で、お仕事ガンバリマショウ(^0^)/

投稿: ♪エフたま。サマ | 2007年10月26日 (金) 21時46分

♪YOKOサマ

<その「栗好味」の紹介文はなんだか重量感あっていいですね。>

でしょ!?
いわゆる「ベタ」な紹介文なのだけど、こういう「正々堂々としたもの」って、最近ほんと少ないよなぁ。。。なんて、妙に感慨深く思ってしまいました。

<こちらは今週末から冬時間。来るんだなーあの暗くて冷たくて長い冬が…。>

あー、そっちでは味覚よりも時間で冬の訪れを「思い知る」って感じですものね。
イギリスの冬は心の芯まで凍りそうになる反面、家に帰ってラジエーターの傍で熱いミルクティを飲みながらジワジワ暖かさを取り戻していく_っていう快感も忘れがたいわぁ(^^)
でも、風邪には気をつけてくださいね。

<それにしても写真の渋皮栗、ポイッとお口に放り込みたい!>

『講座あいまTEA』は、ケータイで撮影+記事を書いているのですが、近代のケータイとは思えぬカメラ機能の低さに買い替えようかと思っていたところ、近頃は、この画像の「にじみ」具合が逆にチョット気に入ってます。この渋皮栗ちゃん、確かに美味しそうに写ってる!(気がつけば消えてましたが)

投稿: ♪YOKOサマ | 2007年10月26日 (金) 22時24分

パフェがやたらウマそうですねぇ。。
ホンモノでしたか!!
食べたいゼ

コーヒー飲めない人間は生活の中でカフェに入ろうという選択肢が無いのですが、パフェ目当てにお洒落なカフェに行ってみるというのもアリですねぇ。

まぁ独りではできませんがねぇ。。

投稿: Nishi | 2007年10月27日 (土) 21時23分

たまらないそのコピー!!
ふらりと立ち寄ったお店でそんなの見ちゃった日には注文間違いなし☆です。
きっとふぉとみっちゃんも呼ばれたんでしょうね♪

また素敵カフェ見つけたら教えてくださいね!

(・・・雑貨のコメント無しか自分)

投稿: みくにぃ | 2007年10月28日 (日) 10時35分

♪Nishiサマ

<パフェ目当てにお洒落なカフェに行ってみるというのもアリですねぇ。

まぁ独りではできませんがねぇ。。>

♂と一緒にカフェへ行くと「ここぞとばかり」にパフェとか注文する人が多いのよね(^0^)
♀と一緒のときじゃないと注文しづらいって...そんなものかしらねぇ

まぁ「ふぉとみっちゃん」は、必要とあらば飲み屋にも独りで入る♀だから(^^;)

ところでっ
カフェ=喫茶店といえば、11月3日のイベント!!
もし11月4日が撮影じゃなかったら、私、絶対東京まで行ってますよ。

投稿: ♪Nishiサマ | 2007年10月28日 (日) 22時49分

とってもおいしそう。
今度、是非、前田珈琲本店に行って、「栗好味」を食べてみよう。
前田珈琲は、まだ、入ったことがないんだよね。

投稿: otochan | 2007年10月28日 (日) 22時57分

♪みくにぃサマ

ほんと、偶然ステキなカフェに出会うと、それだけで幸せな気分に浸れますよねー
私も基本的に「イロケよりクイケ」の人間なのでっ

また一緒に美味しいお茶の時間を過ごしましょ(^.-)

投稿: ♪みくにぃサマ | 2007年10月28日 (日) 23時04分

♪Otochan

<今度、是非、前田珈琲本店に行って、「栗好味」を食べてみよう。>

だったら季節限定品らしいから早い方が良いかも。
本来なら禁煙席が良いんだけど、ここは喫煙席の方が断然しゃれててね...
私が行ったときは空いてたから、周囲で喫煙する人が居なくてラッキーでした。

お隣の雑貨屋も、アナタや、カオルンなんかも好みだと思うよ☆

投稿: ♪Otochanサマ | 2007年10月28日 (日) 23時18分

先生、こんにちは♪
前田珈琲本店は私もまだ行ったことがないので、ぜひ今度行ってみたいです☆

そして先週の人物撮りのレッスンも、本当に楽しかったです!
お互いを撮りあうなんてどうしよう~ 緊張する~と思っていたのですが、始まってみたら楽しくて楽しくて。。。

そして先生のカメラを扱わせていただいて、またまた感動☆
あの音、たまりませんね!
ますます一眼レフが欲しくなりました~

昨日主人が「教室に通うようになって、本当に撮るのが上手くなったな」とほめてくれました♪ 
先生の授業は本当にわかりやすくって、楽しくって、時間があっというまに過ぎてしまいます~

先生との出会いに感謝している毎日です☆

ではまた来週お会いできますことを、楽しみにしています^^

投稿: みしま | 2007年11月 1日 (木) 13時09分

♪みしまサマ

お返事遅くなりましたm(_ _)m

<そして先週の人物撮りのレッスンも、本当に楽しかったです!>

いや~ホント良い感じに盛り上がりましたねぇ♪
人物撮影を通じて(カメラマンとして)人をよく観ること・(モデルとして)人からよく観られることを体験するのって、最初は緊張するけれど、すごくプラスになるのはもちろん、慣れてくるとけっこう快感でしょ(^_-)
皆さんの作品はプリントして配布しますので、お楽しみに★

<昨日主人が「教室に通うようになって、本当に撮るのが上手くなったな」とほめてくれました♪>

わ~それは私もスゴク嬉しい(でもそれは、みしまサン自身の鍛錬の賜物だと思いますヨ)!
ご主人にヨロシクお伝えください(^0^)

投稿: ♪みしまサマ | 2007年11月 4日 (日) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Photographer's choise.6 | トップページ | Photographer's choise#7 »