« 月の輝く池に | トップページ | ちいさな秋休み »

2007年10月 2日 (火)

Photographer's Emotion picture

たまには、新郎ショットをチョイス。

Kai1

でも、やっぱり花嫁ショットは、はずせません。

Kai2

▼他の写真もウェブの【新作紹介】にUPしましたので、ご覧ください。

 http://homepage3.nifty.com/photo-michi/07latest.htm

そして今回は「絵モーションピクチャー*」の、おはなし。

今から10年ほど前_ まだ私が法律事務所で働きながらポツポツ写真活動を始めた頃に、たまたま運命的(!?)な出会いをして以来、ずっと懇意にしていただいているウェディングドレスショップのK氏。彼の励ましというか太鼓判というか、そんなものがあってこそ、私はウェディング・フォトグラファーとしてやっていく決心がついたようなもので、今なお、一緒にお仕事させていただいたり、コーヒー友達(?!)としてウェディング稼業の未来について熱く語り合ったりと、何かとお世話になっている。

今年の夏ごろ、そんなK氏と、いつものようにコーヒーを飲んでいたとき、「こんなん作ってみる気ないか?」と、ふいに差し向けられた1枚のDVD。帰宅して観たところ、それは、いわゆる写真の「スライドショー」なんだが、BGMの音楽にピッタリ合わせて写真を加工したり、場面を転換させたりした、ちょっと目新しいものだった。作るのが難しそうな印象を受けたが、実は、写真を適当に(?)選んで音楽と組み合わせれば、全自動で「立派に」作り上げてくれる編集ソフトというものが存在することも、初めて知った。

そのDVDは、確かに、とっても魅力的だった。けれど、その手法だと、どうしても音楽に写真を合わせる形になる結果、音楽の都合で良い写真をじっくり見せることができなかったり、逆に、あんまり良くない写真を音楽で「良さげ」に見せる効果を狙っている感じで・・・。私は、DVDを返しながら「モノとしては素敵だけど、これはシャシンヤのする仕事じゃないと思う。」と、感想を述べた。するとK氏は、こう言った。「そうか・・・でも、ナベチャンのウェディングフォトは元々すごく「映画的」やし、音楽にもコダワリ持ってるから、作ってみたらエエと思うけどなぁ。

この言葉は、私を大きく突き動かした。ひとつには、長年、私の写真を見守ってくれている人の助言には耳を傾けるべし、ということ。もうひとつには、「写真」と「映画」と「音楽」_もし、この3つを自分の手で1つに結ぶことができたなら_私にとって、こんなに幸せなことはない、という思いと_

_で、完成したのが「絵モーションピクチャー*」と、いうワケです。

まずは何の先入観もなく観ていただきたいところではありますが_ちょっとだけ、説明させて#^^#

★まず、私が作るのであれば、音楽はロンドンのリバーフロントジャズ・フェスティバルで知り合った仲間のものを_と、最初から決めていた。ところが、そういう観点から彼らの音楽(=正統ジャズ)を聴き直してみると、失恋の歌や、アンニュイ、もしくはファンキーな曲が多く、どうもウェディング向きではない。「やっぱり無理か...」と、思いかけたとき、CDプレーヤーから流れ出したのが、レイチェル・ムーア。彼女の音楽は、ジャズセッションの中で聴くと上品すぎるくらいなんだが、その、ゆ~ったりとしたテンポといい、美しい歌声といい、ポジティブな内容の選曲といい、優れた演奏といい、私にとっては、これ以上ありえないっと、いうくらい理想的!幸いにも、私の撮影した写真を彼女に提供していたよしみで、彼女の音楽を私の「絵モーションピクチャー」に使用する許可をとることができた。ロンドン滞在中は、ジャズフェスティバルとウェディングの撮影に追われまくって、「なんのために、こんなにシンドイ思いをしているんだろう私は。。。」と、落ち込んだりもしたけれど、それが今、ささやかな実を結んでムクワレタような気がしている。本当に、ありがたいことだ。 ★次に、写真と音楽の合わせ方については、自動編集ソフトを使わず、(シャシンヤらしく)写真をオーソドックスに見せる流れを基調としている。そして、曲調と写真の転換を一致させたり、時には敢えてずらしたりと、変化をつけるように心がけている。“ピッタリ型にハマリすぎたら面白くない”というのは、写真も音楽も(人間も?)同じだと思うので_。 ★最後に、ネーミング。色々考えた挙句、Motion picture(=映画)という単語をアレンジして、Emotion picture(=情画)と名づけました。日本語表記(絵モーションピクチャー)には「1枚1枚の絵になる写真をつなげて映画にしたもの。」という意味がこめられています。

完成したデモをK氏のショップで観てもらっていたところ、またもや偶然にも、その場に来店されたお客様が気に入ってオーダーしてくださり_それが、今回の写真&「絵モーションピクチャー*」になりました。 

▼では、皆さんも(サンプル版となりますが)どうぞ、ご覧くださいませ m(_ _)m 

http://homepage3.nifty.com/photo-michi/emotion.html

注1)【OPEN】→【Welcome】→【MOVIE】→【開く】と、どんどんクリックしていってください。なお、Nikonの正規オンライン・アルバムを利用してますので、開いても全く安全です。

注2)私はWindows XP+Media playerを使用しており、それ以外のツール(Macなど)でも閲覧できるかどうかが分りません...なので、「見れたよ!」「見れなかった...」というメッセージだけでもいただけると参考になり、助かります(^^;)

|

« 月の輝く池に | トップページ | ちいさな秋休み »

Weddings~ウェディングフォト」カテゴリの記事

コメント

新作「絵モーションピクチャー」
見た見た♪見ました♪
やっぱりMacは無理だけど
Windowsでバッチリ!

感想は言うまでもなく
最高に「よかった」

ほんと、レイチェル・ムーアの音楽と
先生の写真がぴったり合ってると思いマス。
CDが届くのがますます楽しみになった♪

友達や知り合いが結婚する時は
カメラマンには先生を・・って薦めたい。
だって、最高の瞬間を
こんなステキな形で残せるんだもん(笑)

投稿: たかはし | 2007年10月 3日 (水) 01時09分

♪たかはしサマ

ありがとうございます。
でも、こんな良いコメントいただいちゃうと、ちょっと動揺してしまいます...あんまり褒められることに慣れていないもので(#^^#;)

それにしても、私の中で「ウェディング」といえば「写真」という図式がすっかり確立されてしまって幾歳月。。。
ウェディングで私が着るのは“撮影着”の黒スーツというのが当然のようになってしまい、ウェディングドレスどころか、知人のウェディングにパーティドレスを着て行くことさえ遠のいてしまいました(バク←エフたま。さん風)。
これが私に与えられた「幸せ」の形なのかなぁ、なんて、近頃ふと思ったりもするんですけど_ おっと、ゆうてもマダ人生の道半ば、何がどうなるか分りませんね(^0^)

投稿: ♪たかはしサマ | 2007年10月 3日 (水) 21時30分

先生、拝見させていただきました~ 
もう最高です☆ その日の花嫁さんの心情が手に取るように伝わってきて、うるうるきちゃいました。。。

音楽と映像がばっちりマッチしてました♪

カラーの写真が続いたと思ったら、ふいにモノクロの写真のショットがあったりして、「あっ、この表情はモノクロがマッチしているので、先生がモノクロにされたのかな~」とか(すみません、素人のコメントなので合っているかわかりませんが)いろいろ考えながら、見せていただきました。

私、自分の結婚式の時の音楽は、自分で全部編集したほど音楽が好きです。
音楽を聴いて、思い出す時、場所があります。
この花嫁さんにとって、レイチェル・ムーアのこのソングはかけがえのない歌となるのでしょうね。。。先生から花嫁さんへの、最高のプレゼントですね♪

それにしても式当日の花嫁さんは、本当に美しいですね!そんな方々をいつも身近に見られている先生だから、いつも笑顔なのかなって思いました^^

投稿: みしま | 2007年10月 7日 (日) 10時20分

♪みしまサマ

ご覧くださり、ありがとうございます(*その後、「ウチのPCでは観られない」という報告をチョクチョクいただいていたのでガッカリしていたところでした)。

<カラーの写真が続いたと思ったら、ふいにモノクロの写真のショットがあったりして、「あっ、この表情はモノクロがマッチしているので、先生がモノクロにされたのかな~」とか>

そーそー★まさにそーゆー気分で嬉々としてやってます(^^)

<私、自分の結婚式の時の音楽は、自分で全部編集したほど音楽が好きです。>

「感じる心」「こだわる気持ち」というのは、全部_写真も音楽も_自分の中の1つのところからきているんだと思います。
いつか皆で好きな音楽などの話もできる機会があれば楽しいかもしれませんね(^^)

<それにしても式当日の花嫁さんは、本当に美しいですね!そんな方々をいつも身近に見られている先生だから、いつも笑顔なのかなって思いました^^>

ナルホド。そんな風に考えたことなかったな...だとすれば、やっぱり私は幸せ者なんでしょうね#^.^#

明日も撮影、ガンバリマス V(^^)V

投稿: ♪みしまサマ | 2007年10月 7日 (日) 22時06分

みっちゃんっ!
見たよ!いいよ!
いいね!・・・うん、いいよ!!

投稿: U-SAN | 2007年10月 8日 (月) 21時56分

♪U-SAN

ははは。U-SANの顔がアリアリ浮かんでくるようなコメント!嬉しいです。どうもありがとう。
それにしても、ご無沙汰してます_いかがお過ごし?
そろそろ、また会いたいな(^_-)

投稿: ♪U-SANサマ | 2007年10月 9日 (火) 21時50分

観たどー!!!
スッゴイ良い雰囲気!!

レイチェル・ムーアも思いっきしハマりましたねぇ!!

編集ソフトを使わなかったシャシンヤとしての意地(?)とプライドにも感服しました~

写真と音楽と映画を繋ぐなんて素敵すぎることですよね!

ワシがもしも結婚するようなことがあったらみっちー呼びますからね!
そん時はよろぴく!!

まーそれはいつだ?ってツッコミはご勘弁を(笑)

投稿: Nishi | 2007年11月 9日 (金) 02時01分

♪Nishiサマ

ちゃんと観てくださり、ありがとうございます!
貴殿は約束は守る男、ですネ(^^)b

<レイチェル・ムーアも思いっきしハマりましたねぇ!!>

うん。ひいき目を抜きにしても、彼女のセンスと才能は素晴しいと私も思います。

<編集ソフトを使わなかったシャシンヤとしての意地(?)とプライドにも感服しました~>

ちと言うことがオトコマエ過ぎたかな#^.^#

<写真と音楽と映画を繋ぐなんて素敵すぎることですよね!>

まぁ、私の究極の理想ってことです。

<ワシがもしも結婚するようなことがあったらみっちー呼びますからね!
そん時はよろぴく!!>

ほほぅー、貴殿からそのような発言を引き出せるとは私も大したもんだゎ(^0^)
じゃ、私が結婚するときは、にっしーに音楽プロデュースしてもらいましょう★

<まーそれはいつだ?ってツッコミはご勘弁を(笑)>

同じく(苦笑)

投稿: ♪Nishiサマ | 2007年11月 9日 (金) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月の輝く池に | トップページ | ちいさな秋休み »