« Photographer's choise.5 | トップページ | シーズン・イン・ザ・ウォーター »

2007年8月28日 (火)

日常の中の旅

先日、母が退院した。

振り向けば54日間の入院生活_帰って来た日は、さすがにちょっとジンときた。おりしも彼女の誕生日だったので、東京から駆けつけた姉と一緒に鯛料理をこしらえて、小さなパーティでお祝いした。

_と、ホームドラマなら、ここで“ハッピーエンド”となるところなのだけれど、リアリティの世界では、ここからが始まり。まだまだ自宅養生が必要な状態なので、3度の食事_しっかり栄養のバランスの取れた_は、私の肩(腕?)にかかっている。いえ、料理自体は、食いしん坊の私にとっては別に苦じゃないけど、その関係で家を長時間空けづらくなったのが_ちょっと、ね。 なにせ、これまで自分のペースで働いて、出歩いて、まとまった暇を見つけたら「ちょっくら行ってくるわ。」てな調子で旅に出て_と、“フーテンの寅子”への道(?)を着々と歩みつつあった「ふぉとみっちゃん」としては、この“家に釘づけ”生活とのギャップに耐えられない_と思う反面、「やっぱり世の中って、結局±0になるようにできてるのね。」と、妙に感心したりもしている。

まぁ、どこへも行けない“閉塞感”に心まで塞いでしまった時期もあったけど、「今できることに全力を尽くせば必ず次の未来が開けてくるよ」という、友達の力強い励ましがきっかけにもなって、今は「どこへも行けない状態だからこそできること。」に、それこそ全力を尽くしてます。それは何かというと、ウェブサイトの改装とウェディングフォト製品ラインナップの全面見直し。この2つは、家に引きこもらないと作業が全然はかどらないし、クライアントへの仕事を抱えた状態だとナカナカ手が付けられない。ちょうど8月はウェディングのシーズンオフでもあり、ホント、「今やらないでいつやるの!?」っていうくらい、実は絶好の機会。というわけで、現在も作業進行の真っ最中。いちどにスパッと仕上げて公開できたらスマートなんですがナカナカそうもいかないので、仕上がったものから順次UPしてます(^^;)

_と、事実上“夏ごもり”状態の「ふぉとみっちゃん」。そうはいっても、たまに(週に1回くらい)は意識的に出かけるようにしている。先週末には、ちょっくらパリとヘルシンキまで。

パリへは、JR京都伊勢丹で開催された山本容子銅版画展『私のベル・エポック』で。

以前、NHKの『スタジオ・パーク』に山本容子氏が出演していたのを、たまたま目にして興味を持っていた作品展。これは、氏が滞在して感じ取った“パリの印象”を、買物した包装紙やカフェの紙ナプキンなどにイラストを書き加えたり、ジャムの蓋にかぶせてあった布をコラージュしたり、買い求めたバラやバンソウコウの形を紙にスタンプして残したりして、イキイキとナマナマしく表現したもの。これらの作品群は『パリ散歩画帖』(阪急コミュニケーションズ刊)という美しい本に収められている。でも、やっぱり、紙や布を切り貼りした質感が直に感じられる現物が、ダンゼン面白い_はっきりいって、「これは写真では到底タチウチできない…」と、すっかり舌を巻いてしまった。とりわけ、不器用すぎて「絵が描けないから」写真を始めたようなものの「ふぉとみっちゃん」としては、こういう眼と手を持っている人は、本当に羨ましい。反面、「だったら、私は“写真だからこそできること”を徹底的に追求していこう」という意欲も沸いてくる。この日、偶然にも来場していた山本容子氏にサインしていただいたとき、「参考にさせていただきます。」と挨拶したら、「しなさい。」と、茶目っ気たっぷりに、あのミメ麗しい笑顔で_。さすがの風格!

07_08_27_011_edited1

そして、ヘルシンキへは、京都みなみ会館で上映されたアキ・カウリスマキ監督のフィンランド映画『街のあかり』で。

これは_実に暗い映画だった。「街」の「あかり(灯)」というと、何となくロマンティックなものを連想しがちだが、どうも映画作家にとっては、俗世の理不尽さやセチガラサを象徴するキーワードらしい。実は、私が昨年の冬、ヘルシンキへ行った時の印象も、ひとことでいえば、「暗い」。

Helsinki2

てっきり、それは私がロンドンで散々友達と遊びまわった後、独り、冬の北欧を旅したから殊更にそう感じたのだと思い込んでいた。でも、地元の監督がこれだけ暗く描くのだから、おそらく実際に「暗い国」に違いない。_と、いっても、「悪い」「嫌な」暗さでは、全然なくて、ユーモアも温もりも救いもある、「心地良い」暗さとでもいおうか、そんな独特の空気に包まれていた。『街のあかり』の映画全体、そしてラストシーンも、まさにそんな感じ。ポイントは「道端で虐待されている犬を見かけたら、やっぱり助けたほうがいい」ということ、かな。

今回、一緒に出かけたのは、前々からデートの約束をしていた15歳ほど年下の可愛い女友達。そして、家では夕食と土産話を心待ちにしている母が居る。_こんな“日常”に幸せを感じる「ふぉとみっちゃん」です。

…でも、こんなに旅のいいもの観ちゃうと、心の奥底で眠っている“寅子病”が、またムクムクと。。。?

|

« Photographer's choise.5 | トップページ | シーズン・イン・ザ・ウォーター »

雑記」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよねー。人生やっぱり+-0な気はしますよねー。
そして、どんな時でも今しか出来ないことってのがあると思います!!
それがいまやりたいこととズレているとヤル気がなくなったりつまらなく思ったりもするんですが、その切り替えができると人生のムダが減らせていけるのかもしれないですねぇ!

ま、ムダはムダで必要なモノでもあると思うのですが(笑)

それにしても友人さんはイイこと言うなぁ~!!


そして、お母様の退院おめでとうございます!!!☆

ふぉとみっちゃんの腕によりをかけて、素敵なお食事を作ってあげてください^^

投稿: Nishi | 2007年8月31日 (金) 01時33分

お母様退院されたのですね。よかったですね!

自宅療養しっかりとしてはやく体力ともに復活できるといいですね(^o^*)

HPの更新楽しみにしていますね!せっかくこもるんですから有効に使えると思えば何てことないっすよー!
どんな状況であれ充実させてしまうのがふぉとみっちゃんって私はかってに思っています。

投稿: yama | 2007年8月31日 (金) 20時51分

どうも。。。ふうてんの「エフたま。」です。(バク)

いや本当お母様が退院されてよかったですわ。。。と、、ご自宅での三食の食事バランス ってワタシは、、かなり偏っていてヤバイですわ。。。

さて、、、、明日からちょくら修行へ・・・・っておかしなルートでナリタに参上(バク) 天気はあまりよろしくないですが、、、ぼちぼち楽しんで、参りますわ。。。

投稿: エフたま。@はねだ付近 | 2007年8月31日 (金) 22時13分

♪まいど★Nishiサマ

<それにしても友人さんはイイこと言うなぁ~!!>

でしょ~おっ
「閉塞感」にサイナマレている人間にとっちゃ、これほど励みになる言葉も無いですよ!
ほんと私、友情運にはスッゴく恵まれてるんですよねぇ。恋愛運はイマイチだけど_
で、やっぱり±0...てことになるのかな(^^;)

投稿: ♪Nishiサマ | 2007年9月 1日 (土) 03時02分

♪Yamaサマ

これはまぁ嬉しいお言葉ありがとうございます#^.^#

母もブログ再開に張り切ってますので、そちらの方も、ひとつまた、ごひいきにm(_ _)m

私もYamaさんの活気あふれる旅や日常が満載のHP楽しみにしてます!またお邪魔しますね(^_-)

投稿: ♪Yamaサマ | 2007年9月 1日 (土) 03時13分

♪フーテンのエフたま。サマ

やっぱり写真好きには放浪癖があるんですかねぇ。。。? 昨日「はねだ付近」で今日から成田に参上って、めっちゃ「おかしな」ルートっぽい気がしますが、好天とシューティングの成功をいのってます。

ひとり暮らしだと、どうしても食事のバランスが偏ったり、適当に済ませたりしちゃいますよね…私も、母が戻って来てから「正しい」食生活を送るようになりました。結局、自分のために作っているようなもんです(^^)
エフたま。さんも、健康には気をつけてくださいね★


投稿: ♪エフたま。サマ | 2007年9月 1日 (土) 03時31分

お母様の退院、おめでとうございます!

私はちとお母様がうらやましいですぞ。だって、
お料理上手なふぉとみっちゃんが、3食フルで
腕をふるうんでしょう。最近ハンバーグを作った時、
前に教えてくれた、野菜も一緒に蒸し焼きにするレシピを引っ張り出してきたもの(^^;)

例えば、自分が作った料理を写真にとってみるというのはどうでしょう?盛り付けとか上手だったもんねぇ。ここでも"写真道"は脈々と息づく・・・何てね。ふぉとみっちゃんが興味があれば、ですが。母のためのレシピブック、買いまっせ♪


投稿: Minsa | 2007年9月 8日 (土) 09時42分

♪Minsaサマ

あら~嬉しいこといってくれますねぇ。思わず武蔵野までケイタリングしたくなっちゃう(^0^)
がしか~し、ロンドン時代みたいに自分の好き勝手なメニューや時間帯で料理するぶんには良いが、家族のぶんともなると大変だぁ...主婦の方々の日々の労苦を少々思い知っておりますよ。
別に、ご紹介するほどのものでは_とは思うけど(^^;)じゃ、リクエストにお応えして、たまには載せてみようかな。
乞う、ご期待!?

投稿: ♪Minsaサマ | 2007年9月10日 (月) 02時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Photographer's choise.5 | トップページ | シーズン・イン・ザ・ウォーター »