« 宵々山 | トップページ | 最高の暑中見舞 »

2007年7月30日 (月)

Photographer's choise.4

2l_pro

【DATA】NikonD80+Nikkor50mmF1.4,スポット測光-0.3補正AE,Photoshop色加工

自分で1枚チョイスするとなると、どうしてもモノクロを選びたくなります。いえ、この場合デジタルで撮影しているので正確には、どうしても好きな写真をモノクロに変換して選びたくなる、ということになります。

「モノクロが好き。」という声は、けっこう多く聞かれますが、モノクロの魅力とは一体、何なのでしょう。

①そもそも『モノトーン』が持つ「カッコイイ」「オシャレ」というイメージ、②「現実にある色」を抜くことによって生じる超現実感(アートっぽい、とか、ロマンティックとかいうような感覚)、③文字通り「色あせる」ことがない普遍性、④光のグラデーションと物のフォルムだけで表現されることによる本質論的視点etc... そういった要素の全てが大なり小なりブレンドされて「モノクロって素敵。」という風味を醸し出しているのでしょう。

加えて私の場合、「写真というのは本来モノクロである。」という、ちょっとガンコオヤジ的発想が染み付いているのだと思います。といっても、写真に色は必要ないだとか、カラーは邪道だとか思っているわけでは、もちろん全然ありません!ただ、私が写真に興味を持った原点であり理想の頂点でもあるのがモノクロームの世界(写真・映画)なので、撮影した画像から色を削除してモノクロにするとき「画像を写真本来の姿に近づける」という感覚をおぼえたりするのです。とはいえ、全ての画像がモノクロ写真に適しているわけではありません。白から黒へのグラデーションがキレイに出ている画像、逆に、コントラストが極端に出ている画像、あるいは白黒映画のワンシーンのような_被写体の姿・形や表情だけで表現したいような雰囲気を持つ画像・・・そういった何らかの要素を含んでいないとモノクロは、ただ色をなくしただけの退屈な世界になってしまいます。モノクロ写真は「ふぉとみっちゃん」にとっても、ひたすら試行錯誤の繰り返しですが、そんな厳しさもまたモノクロの魅力といえるのかもしれませんね。

写真講座の生徒さんの中から「暗室やモノクロ写真についても学びたい」というような声があがり、それは私にとっても嬉しいことでした。近頃の相次ぐモノクロフィルムや暗室製品の価格高騰・製造停止のニュースを聞くにつけ、正直、いよいよモノクロ手焼き写真の終焉なのかぁ。。。と、いう気分にもなるけれど、暗室を持つ私達が、ここで頑張ってモノクロ手焼き写真の火を絶やさないようにしなければ_なんていうのは大げさですが、そんな新たな意欲を燃やしはじめている(^^)近頃の「ふぉとみっちゃん」です。

【ふぉとみっちゃん★りこめんず】

★ウェディングフォト新作紹介→http://www.camera-ai.com

|

« 宵々山 | トップページ | 最高の暑中見舞 »

Weddings~ウェディングフォト」カテゴリの記事

コメント

えーっと、コノ手の話題になると引出しが1コしかないもので、相変わらずのネタになってしまうのですがお許しを。

だったら偉そうに毎回コメントすな!とツッコミを入れられそうですが、それもどうかお許しを。。笑

まぁ有名な話でもあるのですが、私の大好きな映画人も、フィルムがモノクロからカラーに変わったときには「カラーはモノクロの持つ奥行き感がない!」と、気に入らなかったそうです。

写真のモノクロはカッコイイ。これはそう思います。カラーより好きかな。

映画のモノクロもカッコイイと思います。ただ、カラーのほうが気楽に観れるというのも感じます。モノクロ映画って大好きだけど、すごくしっかり観る気で臨まないと!って気がしてしまうんです。
だからモノクロの駄作に出会ったときってのは最悪で、現代のモノクロっていうのはある意味で芸術しか許されないそれはそれは難しい領域なのかなと。

あくまで私の中の勝手な見解ですが。

投稿: Nishi | 2007年7月31日 (火) 02時38分

わたしはカラー写真からはいった一般大衆の一人なので、最初は敷居が高いというか、そんなイメージがモノクロにはありました。
今はデジタルが主流になって気軽に色加工できたりして、モノクロの雰囲気も楽しむことが出来るようになったので、ある意味、敷居が低くなったというか、なりすぎたというか・・・。
けれど、敷居が低くなった分モノクロのセンスが問われるようになっているとも思います。モノクロ写真はなぜか誰がとってもカラーよりかっこよく見えてしまうきがするので。
そう考えると私にはやっぱりモノクロの敷居は高いなぁ(^ ^;Δ
なので、今モノクロがんばっている方にはエールを送らせてもらいます。

投稿: yama | 2007年7月31日 (火) 05時57分

う~ん~ ワタシもモノクロで撮るのもスキですよ。。。って曇り空の逃げの一手と言った感も否めませんが、、、、
ワタシの場合は、これを「カラー」よりも「モノクロ」で撮ったら面白そうだ。。。とこっそりやってますよ。。。

と、、、そろそろ撮影隊を仕掛けないと・・・・・って先日の「うどんツアー」後の撮影は撃沈でした。。。(涙)

投稿: エフたま。 | 2007年7月31日 (火) 18時13分

♪Nishiサマ

<まぁ有名な話でもあるのですが、私の大好きな映画人も、フィルムがモノクロからカラーに変わったときには「カラーはモノクロの持つ奥行き感がない!」と、気に入らなかったそうです。>

あの方(のことですよね?)の『街の灯』や『巴里の女性』等等はモノクロ映像美としても超1級品ですものねぇ。それに『担え銃』の木に変装するギャグや、『黄金狂時代』の冒頭に出てくるクマも、モノクロだからこそ真実味を帯びて見えるわけだし(^0^)
チャップリン作品が象徴的なように、カラーが普及する以前の映像世界(写真も映画も)は、当然のようにモノクロ表現でこそ引き立つコスチュームやメーキャップやライティングやセッティングで撮影されているわけです。
これに対し、カラーが当然の前提になっている現代では、やっぱり原則はカラーに適した撮影条件が整っているはずですから、敢えてモノクロにするとなると、作り手に、それなりの作成意図や創意工夫なんかが必要になってくるんだろうと思います。

<だからモノクロの駄作に出会ったときってのは最悪で、現代のモノクロっていうのはある意味で芸術しか許されないそれはそれは難しい領域なのかなと。>

私も「カラー時代に敢えてモノクロで撮られた映画」で、本当に大好きなのって、ウディ・アレンの『マンハッタン』くらいですもん。
モノクロは好きだけど、いかにも「芸術でござい!」と言いたげな作品は、ちょっとイヤ。。。確かにナカナカ難しい領域ですね。

そうそう、旧き善き怪奇映画へのオマージュとして敢えてモノクロで撮られたメル・ブルックスの『ヤング・フランケンシュタイン』(70年代作品)、あれこそ現代モノクロ作品の金字塔(笑)かもしれません(^^)

投稿: ♪Nishiサマ | 2007年8月 1日 (水) 01時10分

♪yamaサマ

<モノクロ写真はなぜか誰がとってもカラーよりかっこよく見えてしまうきがするので。>

これこれこれですよっyamaさん!

これこそモノクロの甘く危険な罠ですよね~
安易に溺れないようにしないと写真の本質を見失いそうで危ないアブナイ。
カラーより硬派に見えて、一歩まちがうと、外見のカッコ良さだけで人を惹きつけようとする軟派野郎にもなり得るモノクロ_
「ふぉとみっちゃん」もモノクロとのお付き合いには、この点に注意しようと思います(^^;)

PS:ホームページのモンゴルの湖の写真、深いブルーの美しい幻想的な写真ですね。お茶好きとしては、本場のステーツァイとやらにも興味津々です(^^)

投稿: ♪yamaサマ | 2007年8月 1日 (水) 01時35分

♪エフたま。サマ

<ワタシの場合は、これを「カラー」よりも「モノクロ」で撮ったら面白そうだ。。。とこっそりやってますよ。。。>

そっか!現代ではモノクロは「こっそり」やるものなのかもネ(#^^#)

ところでっ「うどんツアー」のキラ星のごとき料理写真の数々、ステキです★揚げ竹輪の乗っかったうどんの図なんて、たまりません!

あ~旅に出て、美味しいもん食べたいなぁ。。。

投稿: ♪エフたま。サマ | 2007年8月 1日 (水) 01時50分

先日の授業のとき「モノクロ」の写真集を見せて頂き
私は思わず感動した、と言ったら大げさかしら(笑)
今まで、モノクロ写真なんで意識したことなかったけど
かっこいい〜と思いました。

白と黒で、あんな表現力があるなんて・・。
やっぱり、写真の世界は奥が深いですね。

投稿: たかはし | 2007年8月11日 (土) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宵々山 | トップページ | 最高の暑中見舞 »