« 至福の日曜日+追記 | トップページ | 雨降りの気晴らし日記 »

2007年6月14日 (木)

Photographer's choice.3

前回チラッと追記しましたが、今月末から京都リビング新聞社が主催するカルチャー・スクールの写真講座を担当することになりました。

実は、去年いったんサンケイ・リビングから話をいただいたのですが、開催時期が延期になった間にイギリスへ飛んじゃったりして、それきりになっていたんです。でも、仕事環境的にも私生活環境的にも、当分、日本に腰を落ち着けて生きるぞっと、心に決めた私は、今度は自分から京都リビングの方へ企画を持ちかけました。講師を担当するということは、講座が続く限り長期の旅はできないということですから、「ふぉとみっちゃん」としては一大決心なのです…やるからには、長く続けたいですからねぇ。

幸い、私の企画をよく通してもらえ、レギュラーの基礎講座を開講する前に、まず、【旅行写真】をテーマにした特別講座(全2回)からスタートします。内容は、旅行前に準備すること、旅行中の具体的な撮影アドバイス、そして旅行後のファイリングの仕方などを、体験談と私物グッズと自作作品を披露するという形でレクチャーする、というもの。で、目下、教材に使う写真を物色中_ 夏の旅ということで、モン=サン=ミッシェルとバルセロナの旅行写真を公開する予定です。【旅行写真】の他にも2、3の企画が現在進行中(^^)

まだまだ受講生の集まり如何という段階ですが、でも、こういう「機会」を与えてもらえるだけでも私にとっては大変な幸運です。 フリーランスのウェディング・フォトグラファーとしての活動を維持しつつ、少しでも生活を安定させ、作品制作や家事や恋(?!)などの時間が確保できる_ 写真講師への途は、その可能性をもたらしてくれるものではないか、と。 それに、今の私は、基本的に1人で、1回きりのクライアントさんを相手に仕事しているので、 教室という継続性のある現場は精神的なリフレッシュメントという意味においても、ありがたい。

写真を教えるというより、これまで日本やヨーロッパで経験してきた“写真のある暮らし〝の面白さを、私なりに「伝えたい」という気持ちは、前々から抱いていました。 考えていた人生設計よりは少々早めの写真講師エクスペリエンス_ 私自身も日々学びつつ(*^^*)頑張ってみたいと思っています。

では、Photograper's choice3回目。― 「1枚選ぶ」なんて潔いことをいっておきながら、今回は組写真にしてしまいました。

Blog

先日、撮影現場で、若き男子ウェディング・フォトグラファーと会話する機会がありました(共にジョンヴェル好きということで意気投合)。

よく私は、「ウェディングを撮るのに女性は得だね。」と言われます。また、昔、「俺、ウェディングの撮影キライやし、代わりに行ってくれ。」が口癖の友達カメラマンが居たせいで(結果的に、それが私のウェディングフォト・キャリアの始まりになった面があるのですが-)、若い男子フォトグラファーはウェディングフォトを好まないものなのかしら...と、勝手にイメージしたものでした。でも_

はっきりいって、ウェディング・フォトグラファーは女性だから得だとか、男性だから苦手だとかいうのは、全くの幻想に過ぎません!確かに、ウェディング撮影にとって、有利な点、不利な点、あるいは、撮影する視点や観点が、女性か男性かによって「違う」のは事実ですが、だからといって、どちらか一方にプラス面やマイナス面が偏っていることは決して無いと私は実感しています。現に、私が「あぁ何て素敵なんだろう!」と感じる(嫉妬する?)ウェディングフォトって、男性の作品だったりするんですよねぇ(^^)

その男子フォトグラファーいわく。「俺、ウェディングフォト好きですよ!だって、ウェディングには写真の要素が全部詰まってるじゃないですか。チャレンジっていうか、撮り甲斐あって楽しいッス。」

mmm...こんなコメント、女子フォトグラファーの口からはナカナカ出てくるもんじゃありません。でも、そのとおりだと思う。 目を凝らし、心を澄ませ、頭を動かし、身体を張って、 『決定的幸せの瞬間』を追い求める_ どこまでも果てしないチャレンジの世界じゃないかなぁ、ウェディングフォトというものは。

<ふぉとみっちゃん☆りこめんず>

▼写真講座

 ①6/28(木)②7/12(木), 3:45-5:30pm又は6:30-8:15pm, 場所は京都大丸向かいの恒和ビル8F(*エルメスの上), 受講料¥4,400(全2回・教材費込), 申込・問合せTEL:075-212-4728

▼最新ウェディングフォト

 http://www.camera-ai.com トップページ模様替えしました♪

▼ロンドンの田舎とB&Bめぐり

 http://blog.goo.ne.jp/t4-2 ロンドン(2)

|

« 至福の日曜日+追記 | トップページ | 雨降りの気晴らし日記 »

Weddings~ウェディングフォト」カテゴリの記事

コメント

!なんだかマジメな内容ですね〜
将来悲観派の自分としては身につまされます。。
ウエディングフォトってなんなんでしょう?
ボクもウエディングは好きです。仕事ですがライフワークに近いです。
頑張って売名して(笑)ステイタスを高めます!

投稿: ミシマ | 2007年6月14日 (木) 18時40分

ヌホッ!!先生やるんですか!!
スゴイ~スゴイ~

なんか、いつもワシのアホな話に付き合ってもらって恐縮です。。お忙しいでしょうに。

>>写真を教えるというより、これまで日本やヨーロッパで経験してきた“写真のある暮らし〝の面白さを、私なりに「伝えたい」


これはなんといいますか、ワシなんかでも受講したくなってしまいますねぇ。
素敵なお話がお聞きできそう。

ウェディングフォトグラファーの若き男子、頼もしいですね!!

投稿: Nishi | 2007年6月14日 (木) 23時46分

むふ。。(バク) 先生っすか。。。ぜひご教授願いたいところですが、、、、

ワタシは「ニセあずまおとこ」ですから(笑) 
「きょうのみやこ」までは遠いっす。。。って言いつつも伊丹まではすぐにぶっ飛ぶくせにねぇ~(自爆)

梅雨入りしましたが・・・・・梅雨明けしたら「夏空♪ヒコウキ♪」と旅と言うよりも・・・・・・

「うどんの食べ捲くり」ツアーの予感アリアリですわ。。。


投稿: エフたま。 | 2007年6月15日 (金) 04時46分

♪ミシマさま

やっぱりマジメですよねぇ私(^^;)我ながら最近つくづく思います。マジメで命拾いすることもあれば、マジメが命取りになることもあり_ 人生は一筋縄ではいきません。。。
でも、なんでミシマさんが将来悲観派なのか理由が分かりません。素敵な作品を撮る男性ウェディング・フォトグラファーその人なのに。

投稿: ♪ミシマさま | 2007年6月15日 (金) 09時57分

♪ニッシー

アホな話?付き合せてください~とことん★
だいたい私にバトンを渡してくるオチャメな男子は、この世でNishiさんくらいかも(^^)b
てなわけで-この場で初バトンいっちゃいます♪

★お名前は?

日本語で未知。英語でunknown。意味は【無名の、未確認の、不明の、計り知れない】by大辞林。父親がトイレの中でひらめいたそうな。

★おいくつですか?

酉年です。

★ご職業

上記のとおり

★資格は持ってる?

剣道初段。普免。

★あなたの性格を一言でいうと?

どうしようもない意味でのロマンチスト

★誰かに似てるって言われた事ある??

ナマケモノ、コアラ等、珍獣系

より人間に近いところでは、目玉オヤジ?

★動物占いの動物は何だった?

昔コアラだったけど、最近のでは虎だった。

★社交的?人見知りしちゃう?

人見知りはしない

★人の話にはしっかり耳を傾ける?

はい。自分の話にもしっかり耳を傾けてほしいし(*^^*)

★ギャンブルは好き?嫌い?

嫌いじゃない。でも意外と思い切りが悪く、その手のツキは無いので手を出さない。

★好きな食べ物・飲み物

食べ物→酸味のあるもの、ベルギーチョコ
飲み物→紅茶、楽しいお酒

★恋人はいる?

身も心も捧げ合っている人は、今は居ない。

★彼氏・彼女にするならどんな人が理想(5つ)?

1.洒落っ気のある人

2.

3.長いものに巻かれない人

4.

5. 眼鏡(ダテ不可)かけている人はプラス3点(*それほど面食いじゃないので大量点はあげられない)

★親友と呼べるお友達は何人いる?

「死ぬ前に最後に会って話がしたい」と思い、思われている人は、みんな親友です。

★バトンを回してきたあの人…。正直この人の事は○○である!

「私と異母姉弟である。」

_そう判明しても、最初ショックを受けるけど後で納得する(^_-)


★何人家族ですか?

基本2人

★ペットは何を飼ってる?

獣毛アレルギーなので。。。

★今までの自分の経歴や面白い事、自慢できる事は?

「4時ですよーだ」に出演してダウンタウン浜田に頭をドツかれた。

★これのためなら一食抜ける!

次に控えたご馳走を食べるためなら一食抜ける!

★趣味・特技(いくつでもOK!!)

退屈知らず

★好きなブランドはある?

無印良品。agnes.b。Nikon。Ricoh。

★今行きたい場所は?

プラハ

★もし、自由に使える100万円があったら何に使う?

ライカ。それともセンパイの言葉に従って中判を買うべきか。

★将来の夢を語って下さい

心底惚れた人と添い遂げる。

★その夢の為に、何かしている事はある?

あきらめないようにしている。
 
★バトンを回す人5人の紹介を盛大にお願いします。(印象付き)

ウチはレギュラー・コメンテーターのブロガーさんが少ないもので…5人も無理(_ _;)

でも、自分自身では振らないネタで書けるので面白いもんですねぇ。
読んでくださった方は、是非お試しを_ 嬉々としてチェックさせていただきます♪

投稿: ♪Nishiバトン | 2007年6月15日 (金) 12時01分

♪エフたま。サマ

おっ四国うどんの旅ふたたび、ですか★良いですね~~。麺食い派としては一度は体験したいものです(^^)
「梅雨空♪ヒコウキ♪」というのも意外性があって良いのでは_でも、機材管理が大変ですね。
そーだ!エフたま。さん、バトンやってくださいm(^^)m

投稿: ♪エフたま。サマ | 2007年6月15日 (金) 12時21分

ミチさんの写真講座受けたいなぁ。
でも京都じゃちょっと無理かもなぁ(^ ^;Δ

ちなみに私らの結婚式の写真撮ってくれた人男性でしたけど、やっぱりあまりいい感じじゃなかったなぁ。
緊張感がほぐれにくかったような気がします。

でもこれは人によるから男性とか女性とかは関係ないとは思いますが。

ミチさんはその点すっと懐には入れるんでしょうね。


投稿: yama | 2007年6月15日 (金) 23時50分

♪yamaサマ

う~ん…確かに「人当たり」という点では女性の方が良いと_一般的にはそのようですね。
でも、長時間に及ぶ手持ち、立ち通し、見せ場連続の撮影に必要な体力・精神力という点においては正直、男性と全く同じというわけにはいきません。それに、花嫁さんの「色気」のようなものを自然と引き出せるのは、やっぱり男性フォトグラファーの方かも。
私は黒スーツ着てカメラを構えた時点から、ちょっと宝塚(あんなに綺麗なもんではありませんが!)の男役のような気分になるんですよ(^0^)
要するに、男にしろ女にしろ、中性的な感覚が必要な仕事なのかもしれませんネ

byふぉとみっちゃん♪

投稿: ♪yamaサマ | 2007年6月16日 (土) 01時37分

>>そーだ!エフたま。さん、バトンやってくださいm(^^)m

は~い~ってかなり赤裸々告白ですよ。。。(バク)


投稿: エフたま。 | 2007年6月16日 (土) 22時06分

ゲェ~ッ!!!
こ、こんなところでやっていただいたのですか!!?
マジビックリ。
ていうかゴメンナサイ。。

いや~ホント、ワシのやってることなんて気にしないでいいですからね?笑
ましてやバトンだなんて。
ふぉとみっちゃんを印象つきで紹介してみたかったんですよ^^

でも、ありがとうございます~!!!

ていうか、色々とこのバトンのおかげでふぉとみっちゃんの新たな面を知ることができたワケですが。。


「4時ですよーだ」に出演してダウンタウン浜田に頭をドツかれた。

ですって!!?
はぁぁぁーっっ!?
マジですかーーーー?

それ、なにソレ?笑

スゴすぎ

投稿: Nishi | 2007年6月16日 (土) 23時10分

♪再びエフたま。サマ

ハイ、たかがバトンですが、やっぱり赤裸々になっちゃうもんなんですねぇ#^^#

byふぉとみっちゃん

投稿: ♪再びエフたま。サマ | 2007年6月16日 (土) 23時57分

♪再びNishiサマ

いや~いっぺんやってみたかったのよ(^0^)

ていうか、貴殿が引っかかるのはソコか(^^;)
では説明しよう。
「4時ですよーだ」というのは、ダウンタウンが東京へ進出する前に、大阪心斎橋筋2丁目劇場から生放送していた幻の番組。その中に視聴者が浜田・松本チームに分かれて参加するクイズコーナーがあり、松本ファンの友達が会いたい一心で応募したところ、見事採用。3人1組で参加のため、私も加わることに。ところが、対戦相手の視聴者チームも松本ファンだったためジャンケンとなり、友達が負けて我々は浜田チームに。すると、とたんに友達がヤル気をなくして、何故か私がチーム・リーダー。そして、クイスがスタート。お題は「卵を使った料理を言え」。生放送って、やっぱ独特の緊張感がスタジオに充満してるんですよ。で、私の口を突いて出てきたのが「タマゴご飯」。すると、いきなり背後から「ソレ、料理っていわんやろっ!!」って金切り声がしたと思ったら、バシン!と、脳天に何か衝撃が走ったんですねぇ。自信を持って答えた私は何が起きたか分からず、「イタ~」と頭を抱えつつキョトンとしてしまったんです。それでゲーム終了。CMに入ったら、浜ちゃんが「今のリアクション良かったでぇ」と_ そして、ちゃんと「ゴメンな」も言ってくれました。私の答えで負けたにもかかわらず、賞品(ヤンキーも着ないような、どピンクのスタジャン)も私がもらって帰りました。翌日の学校で、皆に大騒ぎ(大笑い)されたのは言うまでもありません。
以上

PS:Nishiさんの、あの紹介文は嬉しかったですよ~どうもありがとう☆

投稿: ♪浜ちゃんにドツかれた女 | 2007年6月17日 (日) 00時43分

確かに、男性だからとか女性だからとか関係ないような気がします。以前一緒に仕事をしていたカメラマンさんは男性でしたが、彼は「ウェディングの撮影が好きだよ」って言ってましたよ。楽しそうに撮影してるんです、本当に。私はその時はビデオカメラマンをしていましたが、私も撮影一回一回、なんだか自分自身も参列しているような気持ちでいましたし、プロとして撮影している身でどうかとは思いますが、ご両親への手紙とかやっぱり一緒にうるうるしてしまったり。(笑)私としては、被写体になる方々の気持ちを感じ取れる方はやはりこれという瞬間を写真に残すことができるような気がします。写真だけではなく、何をするにせよそこに「心」があると言う事を大切にできる人でありたいなと思います。

投稿: yuka | 2007年6月19日 (火) 06時44分

♪yukaサマ

ふむふむ。yukaさんに素晴しくまとめていただきましたね。肝心なのは「男性」「女性」ではなく要するに「人間性」だと(^^)
これはナカナカ深遠なテーマですが、フォトグラファーという枠を超えて誰しも心しなければならないことですね。
私も、女性であることも含めた自分の個性を活かしつつ、今より少しでも人間性に磨きをかけて頑張っていきたいと思います★

投稿: ♪yukaサマ | 2007年6月19日 (火) 22時33分

はじめまして!
先日、リビング京都で旅行写真講座を受講させていただきました!楽しくてあっという間の時間でした。
先生の話、面白くて為になるものが多かったです。
受講者のカメラ歴がマチマチですし、内容のレベル設定が難しいのではないかと思います。
が、先生の話はテクニックが先行するわけではなく、旅に出て写真を楽しもうという、その楽しみ方のエッセンスを分けてくださってるので、初心者の私にも聞きやすかったです!
旅行に出て写真を撮りたくなりましたd(▽`d*)
二回目もよろしくお願いします~~☆

投稿: botticelliano | 2007年6月29日 (金) 19時34分

♪botticelliano サマ

まぁ、早速メッセージありがとうございます!
そして昨日はお疲れさまでした★(しかし、どの方かしら~イタリア系の生徒さんが混じっているとは私も気がつきませんでした ^^;)
確かに年齢も写真歴も様々な方が集まってくださり、私にとっても怒涛のように時間が過ぎていきましたが、講義を楽しんでいただけたなら、そして【旅行写真】への意欲がかきたてられたなら、こんなに嬉しいことはありません#^^#
次回は、レクチャー後半と、スライド上映の続きと、旅アルバム公開、そして、皆さんが書いてくださった質問に回答していく予定です(時間足りるかっ?!)
ではまた教室でお会いしましょう(^0^)/

投稿: ♪botticelliano サマ | 2007年6月29日 (金) 22時21分

若き男子ウェディング・フォトグラファーです。登場していたなんて・・少し照れますね☆そう。大切なのは「心」なんですね☆

投稿: dog | 2007年7月 3日 (火) 11時13分

♪dogサマ

わぉ!ご本人からのコメント、光栄です★
あの節は色々お世話になりましたm(_ _)m 普段、完全に自分のペースでウェディングフォトを展開している身としては、非常に興味深い体験をさせていただきました。
これからも「心ある」フォトグラファーとして(^_-)お互い頑張っていきましょう!

投稿: ♪dogサマ | 2007年7月 3日 (火) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 至福の日曜日+追記 | トップページ | 雨降りの気晴らし日記 »