« 訂正<ヒュー・グラント追記> | トップページ | Photographer's choice »

2007年5月11日 (金)

母が捧げる旅ブログ

今年の2月、母親が心筋梗塞になった。

スゴイたまたま、発見→措置が迅速に行なわれたおかげで、大病のわりには事なきを得たのだけれど、あの一連の出来事は未だに思い出すだけでゾゾッとする。

平凡な毎日が明日、突然崩壊しても何の不思議もない

ということを現実の世界で実感したのは、阪神大震災以来のことだった。

だから、今できることは今しかできないことかもしれない

そう身につまされることが、その人の意識や生き方に微妙な変化をもたらす。

母は入院中、イギリスに関するエッセーを読んでいるうちに、自分も自分なりのイギリス旅行記をまとめてみたいと言い出した。「もうイギリス旅行は無理かもしれない」との思いがよぎったのか、逆に、じっと寝込んでいる間に新たな執念が沸き起こったのか、あるいは、一向にイギリスのフォト・エッセーがまとまらない我が子「ふぉとみっちゃん」にシビレを切らしたのか_ とにかく、退院して徐々に元気を取り戻すと、本当に母は原稿用紙に向かって鉛筆を走らせはじめたのだった。でも、どんどん書き進めていくうちに、だんだん元気がなくなってきた。

こんなに一生懸命書いたところで、誰が読んでくれるっていうのかしら。。。と。

uuu...自己満足では満足できない、老いてなお血気盛んな我が母上。。。ゲニおそるべし。しかし、ここで元気になってもらわないとアタクシも本当に困るので、そんなら1人でも多くの方の目に触れられたら_と、このたび母のブログを開設いたしました。題して<イギリスの田舎とB&Bめぐり>。ズボラでヒネクレモノの「ふぉとみっちゃん」が書いても素朴な「イギリス記」にはなりませんが、母のは、イギリス好きの気持ち、旅する喜び、そして旅先の細やかな体験や情報が素直に表現されていて、素直に読んで楽しめるブログだと思います。まずはチョット覗いてみていただけると、母娘トモドモとっても嬉しゅうございますm(_ _)m

それが、「母」に「今」できること。 そして、「娘」に「今」できることは。。。

それは、「母親の喜ぶ顔が見れる。」ってことなんだなぁ~って、やっぱり、こういうことがあると、思うわけなんです。でも、その母というのが、血気盛んなことに加えて、ナカナカ夢多き_ もしくは欲深き女性でして、娘が家事もこなし、ビジネスも大成し、作品も世に出し、伴侶も得て、子供も産むことを望んでいる。 ンなアホな~ だったらアナタがもっと賢ク可愛ク産み・育てといてくれなくちゃ!・・・なんて憎まれ口たたいても自分が悲しくなるだけなので、せめて「母親の悲しむ顔を見なくてすむ」よう、「ふぉとみっちゃん」として「今」できる限りのことはやろうと_ すると結果は後からついて来る・・・か、来ないかは、ともかくネ(^^;) 

もうすぐ母の日♡

Rosewindow_1

<イギリスの田舎とB&Bめぐり> http://blog.goo.ne.jp/t4-2

|

« 訂正<ヒュー・グラント追記> | トップページ | Photographer's choice »

雑記」カテゴリの記事

コメント

ふぉとみっちゃんへ
お母様の体調はいかがですか?気になりながらも失礼ばかりでごめんなさい。今回のブログの贈り物…すばらしいです。お母様思いのふぉとみっちゃんならでは。楽しみにしていますね。時間ができたらまた一度お会いしましょ。

お母様へ
お久しぶりです。ゆうさんです。イギリス旅行記…拝読いたしました。子供の頃から、お母さんがイギリスをお好きな事を聞いていました。ふぉとみっちゃんとのイギリス旅行が決まったとお聞きした時は、私も本当に嬉しく、その願いを叶えられるお姿に憧れました。
今回、旅行記という形で思いを綴られるなんて、とてもステキです!ここに愛読者がいることを忘れずに、書き続けて下さいね。そして何よりもお身体大切になさって下さい。またお会いできる日を心から楽しみにしています。

投稿: U-SAN | 2007年5月12日 (土) 12時38分

♪U-SANサマ

美しくて優しいコメントありがとうございます☆

まぁアタクシの場合、母親思いというより母親に頭が上がらない(母親重い)って感じですが(^^;)

U-SANも日々お忙しいでしょうけれど、母ブログ、よろしくお付き合いくださいね(イギリスでの私の様子がどんな風に綴られるのか、若干不安…)。

また私とも近々一緒に美味しいもんでも食べましょ(^.-)

投稿: ふぉとみち | 2007年5月13日 (日) 01時10分

お母様もイギリスを旅しておられたのですか!
スゴイですねぇ!

俺なんて韓国までしか行ったことありません。。

母と娘で協力して、イギリスに関することを書き綴ってゆくなんて素敵じゃないですかぁ!!
羨ましい!

母の日ですね!俺は昨日デパート寄ってみたんですが、実際考え出すと、母親が普段どんなものを使っていたのか思い出せないもんで、(ま、俺だけかもしれませんが^^;)結構困りました。。
以前、サイモンとガーファンクルのCDが欲しそうだったとか、そんなことはおぼえてるんですがね(笑)
結局昨日はケーキを買って帰りました。
今日はあと、サイモンとガーファンクル買って帰りま~す♪

投稿: Nishi | 2007年5月13日 (日) 13時32分

♪Nishiサマ

何せ私がイギリスに傾倒したキッカケは、子供のころ母に買ってもらった『メアリー・ポピンズ』の本や、彼女が持っていたビートルズのLPですからねぇ
もっとも、どちらかというと彼女はイギリスという国(社会や歴史や自然)に興味があり、私はカルチャーやエンターテイメントに興味があるという微妙な差がありますけど-。その差が、旅行中(いえ日々の生活を通して)微妙なアツレキを生んだりもしています(^^;)

それにしても、母の日にケーキと、『サイモン&ガーファンクル』のCDをプレゼントしてくれる息子なんて、「お母さん」はたまんないだろーなぁ★★★
私も以前、名画座で『卒業』を観たときから『S&G』好きです。
…CDは自分で買いました(_ _;)

投稿: ふぉとみち | 2007年5月13日 (日) 17時28分

お母様大変でしたね!!!私の母も一昨年の暮れに、
大動脈破裂による脳梗塞で倒れ生死をさまよったので、
「平凡な毎日が明日、突然崩壊しても何の不思議もない」ってお気持ちすごくわかります。
私の母が倒れたのは私がアイルランドでクリスマスのことを考えながらノホホンとしてる時でした。
結局、母は命を吹き返してくれましたが、
病気前の活発な気力は完全に失ってしまいました。
今は歩けることだけをとりあえずの目標にがんばってはくれていますが。。。
本当人生って突然何が起こるかわかりませんね!
でもみちさんのお母様、病院で原稿に筆を走らせるなんて、そしてそれを人に見てもらいたいという目標があるなんて素晴らしいことだと思います!
私も今母にしてやれることを考えてみようっと♪
ブログ拝見させていただきますね☆

投稿: ☆yukari☆ | 2007年5月15日 (火) 18時02分

♪yukariサマ

ありがとうございます★

本当に…海外に暮らして1番困るのは親の健康が気がかりなことですよね、たやすく帰れないだけに。いくら交通や情報網が発達しても、これだけはどうしようもありません。
でもyukariちゃんのお母様、きっとアイルランドに嫁いだ娘と元気に再会できる日を心待ちにしながらリハビリに励んでおられるのでは。。。
お目にかかったことはないけれど、私も回復をお祈りいたします。

我が母上は、おかげさまでブログの読者が増え上機嫌で第2弾に向け執筆中(^^;)
ホントこの調子で元気になってもらわんと…私もいつかまた出て行かなくちゃいけないし。

投稿: ふぉとみち | 2007年5月15日 (火) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 訂正<ヒュー・グラント追記> | トップページ | Photographer's choice »