« モダン・タイムス -メール3連発- | トップページ | 至福の日曜日+追記 »

2007年5月29日 (火)

Photographer's choice.2

この前ご紹介した【森山大道/「記録」7号】写真展に行ってきた。しかも、本人が来館してトークショーが行なわれた日に。

森山大道という写真家は、私が生まれる前から活躍している大御所だが、近年になってNYや欧州で注目されるなど、時代の最先端的な人気を誇っている。そんなわけで、トークショーも、アクセサリーっぽく首からクラカメぶらさげた若者達で超満員。それに混じって、私を捕まえて「お姉ちゃんも学生さん?」と尋ねてくる老眼とおぼしき非若者も居たりして(「ワシャこういう写真は分からんわ。撮った人の話しより、この写真がエエっちゅう人に理由を聞きたい」と、大声で言っていたのが、笑えた。)、なかなかユニークな集いだった。しかもワンドリンク付き♪ 私も缶ハイネケン片手に、大道氏と直接話しする機会を得た。

私が森山大道を知ったのは、かつてアサヒグラフに連載されていたフォト&エッセイ【犬の記憶・終章】だった。彼のトレードマークである「あれ・ぶれ・ぼけ」(画質荒れ・手ぶれ・ピンぼけ)写真は、私は積極的に良いとは思わなかったのだけれど、文章がスコブル上手くて面白かったので、「ライター&フォトグラファー」としては憧れの存在。なので、「森山さんにとって‘写真と文章’はどんな関係ですか?例えば小説とか、文章の方をメインにしようと思ったことはありますか?」と、質問してみた。すると、「文章を書くのは辛くて辛くてしょうがない。しかも散々苦しんで書いても所詮、一流の文章家には敵わない。でも写真なら、もっと楽にできて、しかもソンジョソコラの人には負けない。だから今は、もう写真だけ。文章は書かない。」との意外なお答え。。。何でも実際に本人に聞いてみないと分からないもんだなぁ。 このデジタル時代の只中にあって「(モノクロ手焼き)写真以外のメディアには全く興味がないんだよね。」と、強がりも古臭さも感じさせずサラリ言い切ってしまう森山大道は、やっぱり、えらくカッコ良かった。それは何も「あれ・ぶれ・ぼけ」が良いとか、デジタルが駄目だとかいう意味ではなくて、要するに、闇雲に時代や他人に追随するのではない、オリジナリティと「確信」を持って創造された作品(作者)には、おのずとカリスマ性が宿るものなのだなぁ~ということを、改めて認識させられた「ふぉとみっちゃん」でした。

さて、本題のPhotographer's choice 懲りずに第二弾。 注)イワズモガナですが、森山大道とは完全に切り離して御覧ください(^^;)

2l_pro2

[DATA] NikonF80+Nikkor50mmF1.4, P/-0.3補正, No triming

この(歪んだ)アングルで表わしたかったのは、二人の真っすぐな視線です。

【ふぉとみっちゃん☆りこめんず】

☆森山大道『犬の記憶・終章』←写真に特に興味なくても楽しめる「青春の記録」本。http://www.moriyamadaido.com/bibliography/pages/026.htm

☆camera[ai] ウェディングフォト【新作紹介】をUPしました。 http://homepage3.nifty.com/photo-michi/07latest.htm

|

« モダン・タイムス -メール3連発- | トップページ | 至福の日曜日+追記 »

Weddings~ウェディングフォト」カテゴリの記事

コメント

幸せそうですね(´▽`)
思えば結婚式のときの写真、自然な表情って少ないんですよね。これはホントに自然な表情。ミチさんの人柄出てますね。

素敵な写真。

投稿: yama | 2007年5月29日 (火) 08時33分

♪yamaサマ

ありがとうございます(もっとも表情が素敵なのは被写体さんの人柄でしょうけれど ^^;)。
写真はアートだとか、スポーツだとか、色んな形容をされますが、私は、ウェディングフォトに関していうと‘写真はエンターテイメントだ。’という気がします。被写体に対して、いかに「笑って」という言葉を使わず笑っていただくか、「自然に」という言葉を使わずリラックスしていただくか_そこで発揮されるのは一種の芸人魂ではないかと(^0^)また、これほど人から見られたり声をかけられたりしながら撮影することも他にありませんし。
私がウェディング・フォトグラファーを続けていられるのは、もともと仲間をエンターテインするのが好きだからかもしれません#^^#

投稿: ふぉとみっちゃん | 2007年5月29日 (火) 14時03分

よいですね。。。シアワセ~って言う感じが出ていててステキです(^-^)
人物写真を少しづつやり始めています(知り合いの子供とか、友人等々)が、、なかなか良い表情が撮れないわ(^^ゞ とファインダー越しに会話するのも1つなのかなと言いつつ みちさんの写真を見て勉強っす。。。m(_ _)m


投稿: エフたま。 | 2007年5月29日 (火) 20時31分

♪エフたま。サマ

写真の撮り方は人によって様々ですからね~ 私は人物写真で大切なのは1に話術で2に技術だと勝手に信じ込んでますけど(^^)
あと、大阪写真専門学院で柳田晴美先生から教わった「ポートレイトは被写体に手紙を書くような気持ちで撮れ。」という言葉が、いつも心の片隅にあります★

投稿: ふぉとみっちゃん | 2007年5月29日 (火) 23時52分

こりゃまた絵に描いたような抜群のシーンを捉えましたね!
おふたりともすっげぇイイ顔してるじゃないですかぁ!!

男としてはこの女性の希望と嬉しさが満ち満ちた表情に魅かれますねぇ。笑

投稿: Nishi | 2007年5月31日 (木) 19時36分

♪Nishiサマ

「幸せを写真にするのが私の幸せ。」というのが「ふぉとみっちゃん」のキャッチ・コピー(笑)なのですが、この写真を撮影している最中、ホント私まで幸せというものにジンときました #^^#

投稿: ふぉとみっちゃん | 2007年6月 1日 (金) 00時37分

自分の中に確固とした芯を持っている人ってかっこいいなと思いました。私もフィルムが好きです。うんちくをたれることが出来るほど知識もないし、もしあってもすることはないけど、単純に好きだなぁって思ってます。自分で焼き始めてから特に。(^_^)

投稿: yuka | 2007年6月 5日 (火) 08時42分

♪yukaサマ

コメントありがとうございます(^_^)

うん。【フィルムとデジタル】の違いって、理論的・物理的なもの以上に「写真を作る人の気持ち」が1番大きい気がします(しかし、これ以上に大切な違いというものがあるだろうか!)。
例えば絵画なら油彩、水彩、版画など色々あるし、音楽ならアコースティックからエレキまで幅広く存在すように、写真も、カラーとモノクロ、フィルムとデジタルがそれぞれ別次元(ジャンル)の表現方法として、この先もずっと共存していけることを願ってやみません。
いざフィルム+印画紙写真を作りたいと思っても、フィルムや印画紙(薬品)が手に入らない世の中にだけは、ならないでほしい。。。

投稿: ふぉとみっちゃん | 2007年6月 5日 (火) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モダン・タイムス -メール3連発- | トップページ | 至福の日曜日+追記 »