« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

チャップリン

「第2回チャップリン国際シンポジウム」に参加した。

会場は京都木屋町、盛り場のド真ん中でケナゲに建ち続けている元・立誠小学校(現在は個展などの多目的スペースとして活用されている)。シンポの内容は、研究発表と写真展、そして私が参加した日はデジタル・ニュープリント版「独裁者」の上映が行なわれた。

Sympo1

Sympo3_1

「国際シンポジウム」などと大そうな名前がついているが、実際、大そうな催しなのである。日本、イスラエル、イタリア、アメリカ、イギリスから集まった学者や専門家、それに、チャップリンのお孫さんから市川染五郎まで、ソウソウたる面々が一堂に会し、チャップリン映画について、また、チャップリンその人や、歴史・社会との関わり合い等について、最新の研究成果が発表/議論されたのだった。いや~「チャップリン」って、今やレッキとした“学問分野”の1つなんだなぁ、と、改めて実感。

どのプレゼンも本当に興味深く、為になるものばかりだったけれど、この場では深く立ち入らないことにする。私の力では簡単にまとめることができないし、第一、あまりチャップリンを知らないという人には、まずは、理屈ぬきで映画を楽しんでほしいと思うから。

私がチャップリンを好きになったのは7歳の時、テレビで「街の灯」を観て。普段なら「子供は早く寝なさい!」と、叱られるところを、「これは良い映画だから。」と、母が特別に観ることを許してくれたのだった。

そして、一気に惹きこまれた。

以来、何十年に渡って何度となく「街の灯」や、他の作品を観つづけている。それで、つくづく凄いな~不思議だな~と思うのは、チャップリン映画って、観て、笑ったり泣いたり、何かを感じたりする内容が、子供の頃から今に至るまで、ちっとも変わらないのだ。「子供の頃は分からなかったけど、今なら分かる」とか、逆に、「子供の頃は感じられたのに、今は感じられない」といったことが殆んどない。同じ場面で、いつも決まって同じ気持ちになる(但し「街の灯」より後の社会的作品は若干大人向け)。つまり、チャップリンの映画は子供から大人までが同じレベルで理解し感応することができるという、本当の意味でレベルの高い芸術作品なんである。

私が高校生の時、チャップリン作品が大阪の映画館でリバイバル上映されると知り、友達数人をそそのかして授業を集団エスケープしたことがあった。首謀者の私はバレたら停学ものだ…と怯えつつ、万が一のときには、「学校には芸術の授業が無いので、外へ受けに行きました。」という弁明を用意していた。

キャハ~(*^^*)言わずに済んで良かった・・・でも、ちょっと言ってみたかったような ?

映画館の帰りに、ナビオ阪急美術館で開催されていた「エドワード・スタイケン写真展」へ寄り道した。そこに展示されていたチャップリンの1枚のポートレイト。映画の中の「浮浪紳士チャーリー」とは全く違う、才能と成功で光り輝く男の実像が、見事な写真表現で浮き彫りにされていた。それまでも、モノクロ写真のポストカードを買い集めてアルバムを作るのが趣味ではあったのだけれど、その1枚との出会いがきっかけで、写真で表現すること_フォトグラファーに関心を抱くようになった。つまり、「ふぉとみちゃん」の運命の写真もまた、やっぱりチャップリンだったのです。

Chaplin

とまあ、これほどチャップリンへの思い入れの強い私だけれど、これまで、その思いを人と分かち合う機会があまりなかった…。ところが、今回シンポに参加して、50代にしてシナリオ学校に通いはじめチャップリンへの興味を深めたというAさんや、20代にしてチャップリンやエルンスト・ルビッチをこよなく愛するNさんと話をすることができて、すごく良い刺激を受けた。そして、チャップリン研究の若き第一人者、大野裕之氏!彼が引用した「映像には必ず毒が入っている。」というチャップリンの言葉_自らが創りあげる「笑いと涙の物語」の底に沈むもの、そして、現在も連綿と続くプロパガンダや、益々加熱するコンシューマリズムを見透かしたような。映像にたずさわる中枢にありながら、映像に対して極めて冷静沈着でいられたチャップリンの凄さに、改めて気づかされた。

う~ん、やっぱりチャップリンは奥が深い・・・そして魅力的★

| | コメント (8)

2007年3月20日 (火)

1928ビル

南アフリカ人のジェンと、三条御幸町にある『1928ビル』地階の『カフェ・アンデパンダン』でお茶をした(正確には、私はコーヒーで彼女はビール)。

Billding

ジェンは京都の芸大で和紙作りを勉強している。写真にも興味がある彼女と、時々英語で喋りたい私とで付き合いが始まった。

日本の文化や実情を貪欲に学んでいる彼女にくらべ、私は南アについて、高校の頃に観た『遠い夜明け』というアパルトヘイトを告発した映画と、ネルソン・マンデラ、あとは、ロンドンの母国語教室で日本語を教えていた生徒達がよくバカンスで南アへ出掛けていたこと、イギリスのスーパーで売られていた南ア産白ワインが安くて美味しかったこと―といった、ほんのウワッツラしか知らない。話していて申し訳ないような気分になったりもするけれど、でも、だから余計に私の彼女への好奇心はふくらんでいく。

「どうして日本に来る気になったの?」という私の質問に、ジェンは「さぁ…」と、ちょっと間を置いてから、「とにかく自分の国と全く違う国に来てみたかった」と、答えた。てっきり私は、南アに居た頃からジャポニズムへの憧れがあったのだろうと想像したのだけれど、全然そうじゃなかった。南アは余りにも急激に政情が変わってしまって、その中に身を置いていても、ただ流されていくだけで先が見えない。だから、いったん流れの外へ出て、遠くからその流れを見つめなおしたい_と。

自分の国である南アを知るために、南アについて限りなく無知な日本を訪れ、そこで出会った無知な私に熱く語るジェン・・・人の出会いの、なんと不思議でオモロイことよ!ジェンと話していると、「異邦人」特有の高揚感と潔さ、そして根底的な孤独が漂ってくる。そんな彼女が、今の私には眩しく、ちょっと、懐かしい。

長話を終えて地上へ出ると、同ビル1階の『同時代ギャラリー』から面白い光景が見えた。若い男の子が黙々とミシンを動かして洋裁している。興味をそそられて足を踏み入れると、男の子が2人。古い布地を使って、1人はスカート、もう1人はガマグチ小物を制作・展示・販売しているのだった。

Gallery

彼らは総合大学の学生さんで、サークル活動として、このような創作を始めたんだそう。展示品の可愛さと彼らのキャラクターにすっかりマイッてしまった私たち。オーダーメイドでも作ってくれると言うので、ジェンは、青地にピンクの薔薇模様の布地を選んで、自分のサイズにピッタリのボックス・スカートを注文し、私は、名刺入れサイズのガマグチを_ それがあんまり気に入ったので、後から「ふぉとみっちゃん」自慢のクロブチメガネ用ケースも作ってもらった。

Gamaguchi2_1

名刺交換のときや、映画館やギャラリーで眼鏡を取り出すとき、「パチン」とガマグチを開くたびニンマリしてしまいそう♪

| | コメント (6)

2007年3月 6日 (火)

君は僕の宝物

ウェディングフォト・シューティング明けの今日、ムショウに槙原敬之の3rdアルバム『君は僕の宝物』が聴きたくなった。

Macky

槙原敬之といえば、今ではSMAPに♪世界にひとつだけの花 を提供したことで有名。実際、この曲は私の周囲でも非常に評価が高い。

確かに良い曲なんだろうけど・・・でも、私はどーもニガテなんだな~、いわゆる“励まし系”ソングが。聴いてて、なんか、こっちの事情も聞かないで一方的に説教されてるような気分になっちゃう。で、いかにも「どーだ良いこと言ってるだろう!(ホレホレ)」って迫られているみたいで、聴けば聴くほど醒めていく自分に気づく。これって、私だけ?J-POPの大ヒット曲って、ポップス調だろうとロック調だろうとヒップホップ調だろうと、歌詞の内容は圧倒的に“励まし系”が多いもんなぁ~。。。

だからといって、私が歌に励まされないわけでは決して、ない。つまり、「ヒトサマを感動させよう。」なんて意図が見え隠れしない、あくまで内省的な歌にこそ、心から励まされ、胸打たれる「ふぉとみっちゃん」なのです。

で、槙原敬之。

彼の作品に他のソースからの流用があろうとなかろうと、彼が音楽の天才であることは疑う余地がないと思うけれど、中でも、“自分自身”が宿命的に抱えているプライドとコンプレックス、あるいは、“自分が生きていること”に対する限りない希望や不安_ そういった内省的なことが素晴しく素直に表現されている初期の作品群(4thアルバム『Self Portrait』まで)が、キワダッて才気走っていると私は思う。

何を隠そう、マッキーと私は同い年。

どんなときも が、まさに一世を風靡した頃、私は明日をも知れぬ苦学生だった・・・同い年でも、色んな人生があるもんだ・・・と、タメイキが出たのを覚えている。但し、♪どんなときも は、内省的な形をとりつつ(大ヒットしただけあって)限りなく“励まし系”っぽい歌なので、私は「フン!」と、そっぽを向いていた。ところが、その後に発売されたシングル♪北風 (*実際には、これがデビュー曲だったのが再発売されたもの。)、さらに、♪もう恋なんてしない を聴くにいたって、「スゴイっ、この男は天才だぁ!!!」と、完全にマイッてしまったのだった。

以前、ブログにも書いた小沢健二は、聴いていて「オザケンに恋する気分」になるのだが、マッキーの場合、痛いくらいに共感し、感情移入せずにはいられない。例えば、♪No.1 という曲の中に

君を笑わせたい力づくでも笑わせたい。そして歳をとり、いつか皺くちゃになったら、そのわけは僕のせいだと言わせたいんだ。君の微笑みは、みんなを幸せにする。

という歌詞がある。こういうの聴くと、「わぁ~アタシも誰かにこーゆーこと言われたいっ」と、いうよりも、「わぁ~アタシも誰かにこーゆーこと言ってみたいっ」と、思ってしまうのだ不思議と(ちなみに♪もう恋なんて・・・ と♪No.1 は、今でも「ふぉとみっちゃん」のカラオケ定番ソングです☆)。

それは、たぶん、同じ時代背景で生まれ育った同い年ならではの共感ということも少しは関係しているような気がする。でも、それ以上に、2000年頃の“スキャンダル”で露呈したマッキーの「中性」感覚が、男女の壁を越えて深く共感を呼ぶ「鍵」なのかなと思ったりする。

ちょうど『君は僕の宝物』をリアルタイムで聴いていた頃、当時つき合っていたカレが私に「“釣った魚に餌はやらない”って言うやろ?」と、言ったことがあった。笑いながらの冗談だったのだけれども、私は思わずゾッとしてしまった。あまりといえばあまりにも理にかなった言葉だけに、余計、許しがたく・・・。でも、ここで目くじら立てて怒ったら、本当に自分が餌に飢えた魚みたいになりそうで何も言えなかった。問題なのは、釣ったか釣られたか、とか、餌をやるかやらんか、とかではなくて・・・。ひとつ確かなのは、「アタシだったら死んでも言いたくない言葉だわっ」と思ったことだった。

マッキーはアルバム表題曲♪君は僕の宝物 の中で、歌う。

神様ねぇもし僕が彼女と居ること当たり前に思ったら力いっぱいつねってください、幸せの意味を忘れぬように

だよね~やっぱり★

私、マッキーとはゼッタイ良い飲みトモになれると思う

| | コメント (2)

2007年3月 4日 (日)

お引渡し

1月に撮影したウェディング・アルバムの納品を完了。

http://homepage3.nifty.com/photo-michi/07latest.htm

今回のクライアントは、数年前に開催した写真展『晴待顔』を観に来てくださったお客さま。

去年の秋口、不意に舞い込んできた1通のメール。そこには、「あの写真展以来、結婚するときは、写真はミチさんに_と思っていましたが、それを実現するときが来ました!」という、はずむような文面が。思わず、胸が熱くなった。ウェディング・フォトグラファーを続けてきて本当に良かった

『晴待顔』の頃は、36枚撮ネガ・フィルムで12本程度撮影し、同時プリントに出して、仮レイアウトを行ない、良い写真を引き伸ばして“フエル式”アルバムに貼るという作業を行なっていた。今では、デジタルで約1ギガ、フィルムで4本それぞれ撮影し、パソコンに取り込んで画像調整してから現像に出し、仮レイアウトを行ない、引き伸ばし写真のほか、コンピューター・デザインによるコラージュ写真を作る。そして、注文に応じて、それらの写真1枚1枚の表面にコーティング加工を施して、直接アルバムに貼るという作業を行なう。実質的な撮影のスタイルも、レイアウトの方針も、あの頃とはずいぶん違う。

時の流れと共に、写真の世界も変わる。そして、その世界に身を置いて生きている私のウェディング・フォトも、少しづつ姿・形を変えていく。でも、「初心」の頃の私の写真を覚えてくれている人に再びめぐり会えたとき、私の写真はその人にどんな印象を与えるのだろう。「変わった」か「変わらない」か_そして、それは嬉しいことなのか淋しいことなのか。

お引渡しの席上で、そんな思いが、ふと頭をよぎった。

| | コメント (5)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »