« クリスマスカード | トップページ | 初シューティング »

2007年1月 4日 (木)

年明け

明けましておめでとうございます

「ブログみてます」という新年のメッセージを色んな方からちょうだいし、ちょっと浮かれ気分の『ふぉとみっちゃん』。まぁこれまでどおりジミチに更新していきますので、今年もよろしくお願いいたします。

さて皆さんは、どんなお正月を過ごされましたか?

私は年末いっぱいまでけっこう忙しくしていた反動もあり、正月三が日は雑煮の中の餅よろしくグニャ~ン とふやけきってしまいました。例によって、東京から帰省してきた甥っ子と一緒に、食べて遊んでテレビ観て_ 

Osechi

我が家のおせち料理は限りなく粗食に近い・・・ 母と姉と私とで好きなものを作って重箱に詰め合わせて出来上がり。私は、例年どおり焼き豚、ゴマ風味のなます、擬製豆腐(ぎせいどうふ)を作りました。

擬製豆腐(*写真中央_ 栗の甘露煮の右隣。)というのは、精進料理の一種です。豆腐に重石を置いて水気を切ったものに、黒砂糖・みりん・醤油を加えて、すり鉢でなめらかにすり潰した後、型に流し入れ、まず蒸して、それから表面に胡麻油を塗ってオーブンに入れて、表面にこんがりと焼き色を付けます。豆腐をこのように調理すると、まるで鶏か鴨肉のような(あるいは卵焼きのようでもある)風味が出るのです。動物性たんぱく質を食べることを禁じられた修行僧の“肉への憧れ”が生み出した、渾身のアイディア料理というわけ。

なんで修行僧でもない『ふぉとみっちゃん』が精進料理を覚えたかというと、アトピー性皮膚炎に悩まされ続けた十代の頃、治療のために、一時期、(動物性たんぱく質が体内に“毒素”を蓄積させ、アトピーの元凶を作っているという説に基づいて)完全なベジタリアン_ 欧米流にいえばベジタリアンの中で最も厳格なヴィーガン【vegan】_ 生活を送ったことに由来します。野菜と豆類と玄米御飯だけの食生活というのは、生来の食いしん坊『ふぉとみっちゃん』にとって余りにも耐え難く、今にも気が狂いそうになっていたときに、“植物性たんぱく質だけを使って多種多様な御馳走を作る”というコンセプトの精進料理に出会ったのです。それまでは、リンゴの皮ひとつむけなかった私が、精進料理を口にしたい一心で台所に立つようになり、料理の楽しさ、奥深さを知ると同時に、「食」に対するこだわり(より一層の喰い意地)がツチカワレていったのでした。

もうヴィーガン生活に戻ることは御免こうむりたい私ですが、精進料理は今でも大好物。ただ、手間暇がかかるので、今では年に1度、正月料理としてしか作らなくなりました。

精進料理を作っていると「どんな苦境に陥っても、その中でこそ楽しめること、学びとれることが必ずあるもんだなぁ」という実感が、自然とよみがえってきます。『ふぉとみっちゃん』が新年に向けて精進料理を作るのは、とかく人生に悲観的になりがちな自分に、あの頃の気持ちを思い起こさせ、また新しい1年を乗り切らせるための儀式のようでもあります。

それに美味しいんですよ、ほんと♪

|

« クリスマスカード | トップページ | 初シューティング »

雑記」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
年始から風邪はひくし仕事は忙しいしで、初詣すら行けず、現在も風邪か過労か?声が出ないという散々な年明けとなっておりますが……今年もよろしくお願いします。今年こそは……が色々と。(笑)

投稿: kawaguchi | 2007年1月11日 (木) 20時16分

Kawaguchiサン♪

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

風邪…大丈夫ですか?私の周囲でもやたらめったら流行ってます。私はウガイ・手洗い完全実行のためか今のところ無事ですが、昨年、冬の終わりに流行遅れの風邪を1ヶ月ほど患いエライ目に遭ったので油断禁物。
今日、病院へインフルエンザの予防接種に行ったら、これまでの風邪はノロ・ウィルスか単なる鼻風邪で、インフルエンザは「これから」なのだとかっ
気をつけましょうね。

『今年こそは……が色々と。(笑)』か。
うーん、私が当てはめるとしたら、やっぱり『チャンス』かな~広い意味で。
でも、いくらチャンスに恵まれたところで、オノレに能力や魅力が足りなければ結局そのチャンスを活かすことができないわけだから、つまりは、頑張るしかないんですよね~。。。

いやはや今年こそ頑張りましょう…色々と(^.^;)


投稿: ふぉとみっちゃん。 | 2007年1月12日 (金) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリスマスカード | トップページ | 初シューティング »