« Cosmos field | トップページ | 麗しのカメラ »

2006年11月 7日 (火)

「ふぉとみっちゃん」in銀座

所用で東京へ来ています。日曜日に時間が空いたので、今回、是非訪ねたいと思っていた銀座へ出かけました。

Helmes_3

えっ「ふぉとみっちゃん」にエルメスなんて似合わない?だって、お目当てはメゾンエルメス8階フォーラムで開催されている写真展[木村伊兵衛のパリ]だもの。

木村伊兵衛といえば、 一瞬の奇跡を見事に “かすめ撮った” モノクロームの スナップ写真が目に浮かびますが、今回の展示は、その彼が、当時(1954~55年)普及しはじめたばかりのカラー・フィルムを使って撮影したパリの写真を集めたもの。(特注とおぼしき)ガラスのテーブルの上に白い額縁を無造作に並べた展示方法など、さすがにハイセンスでした。

私としては、やっぱりモノクロームの方が好みですが、ただ、例えば、小さな店の女主人が着ているワンピースの青や通りの看板に使われているシックな赤や、ラッシュ・アワーで混雑するジャンクションの空の紫、濃霧に包まれたバルザック像の銀灰色_ そうした、[木村伊兵衛の色]は、モノクロームとはまた別の魅力・説得力にあふれています。

また、展示されていた作品群は、今回の写真集や写真展の企画に合わせて新たにプリントされたものですが、古くなって色あせた撮影フィルムを、デジタル補正などを行なわずに敢えて原色のまま再現したとのこと。その結果、まるで長年アルバムに貼られていた写真のようにアメ色に変色していて、独特の味わいや存在価値を帯びた写真となっていました。一般には、カラー写真の優劣を判断する基準として「何年経っても色あせないかどうか」ということが最重要視されていますが、もしかすると、これからは “歳月の流れと共に色あせてしまうこと” が、モノクロやデジタルにはない、カラーフィルム写真の魅力となっていくかもしれません。

写真展の後は、エレベーターでなく敢えて階段を使って、各フロアのエルメス商品を回覧しつつ階下へ向かいました。カオルちゃんと2人、感嘆と溜め息まじりに_。

Gekkousou

銀座へ足を運んだもうひとつの目的は、老舗の画材店[月光荘]を訪ねることでした。私は写真作品のポートフォリオを作るのにスケッチ・ブックを使うのですが、思い通りのページ数や紙質やデザインのスケッチ・ブックがナカナカ見つからず、いつも苦労しているのです。その点[月光荘]には、数種類のサイズ/ページ数/色表紙の自社製スケッチ・ブックが定番として豊富に常備されています。もし、こんなお店が近くにあったら、さぞ便利だろうな~と、すっかり羨ましくなってしまいました。

ムーンライトならぬネオンライトを浴びた[月光荘]_ この、ノスタルジックな風格に満ちた佇まいが何とも素敵なのですが、今月中に新店舗へ移転してしまうのだそうです…たった一度きりでも、今の[月光荘]の姿を見られて幸運でした。

Leica_1

「ふぉとみっちゃん」が銀座を訪れたのは、確か6年前_ ライカの専門店[レモン社]を冷やかしに来て以来のことだと思います。その頃の[レモン社]は、いかにも “こだわりのカメラ・マニア”が集うような、無骨な雰囲気の店だったのに、いつしか、ティファニーかと見まがうような店構えに様変わりしていたので、ビックリ。まぁ確かに、ライカは「カメラの宝石」ですものねぇ~

木村伊兵衛も生涯愛用し続けたライカ。「ふぉとみっちゃん」だってホントは欲しい・・・ エルメスよりも。

|

« Cosmos field | トップページ | 麗しのカメラ »

旅さき」カテゴリの記事

コメント

同じ日 銀座で Jazz festival をやってる様子
を TVニュースで見たんだけど気が付いた?
 もし、気付いて ハシゴでも始めたらエライことになるって気をもんだんだけど・・・

投稿: Michi mum | 2006年11月 8日 (水) 17時38分

銀座……と聞いて、真っ先に銀座カリーを思いついた僕のボキャブラリーの貧困さを今更ながら呪っております。
銀座かぁ……東京にも長いこと行ってないなぁ……明石銀座はたまに行くんですけどね……。
それにしても「エルメスよりもライカが欲しい」ってのは名文句ですね。感銘を受けました。
職業人である限り、僕もそうありたいと思います。

投稿: kawaguchi | 2006年11月 8日 (水) 19時41分

金曜朝に夜行バスで東京から戻り、その日の夕方に撮影リハーサル、昨日は朝からウェディング撮影、夜は他府県から来た友人達とアイリッシュ・パブで飲み明かし_ おかげで今日は昼近くまでグッスリ。身体グッタリ。お肌ボロボロ。。。
も~いい加減ムチャは禁物…のはずなのに、年々ムチャ度が激しさを増している気がしなくもない「ふぉとみっちゃん」なのです。
でも、身体は大事にせなあきまへん。お互い、職業人である限り、ね。

投稿: ふぉとみっちゃん | 2006年11月12日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Cosmos field | トップページ | 麗しのカメラ »