« 「ふぉとみっちゃん」in銀座 | トップページ | 「ふぉとみっちゃん」in関空 »

2006年11月15日 (水)

麗しのカメラ

東京の用件は撮影ではなく営業だったので、仕事用デジカメは家に置いて、フィルム・カメラを同伴しました。それも、長らくガラス戸棚の中に閉じ込めっぱなしにしていた古いコンタックスを。

Mycontax

まだ当分ライカには手を出さない(出せない)と思うけれど、コンタックスは1台持っているのです。今は無き、祇園のほうのムツミ・カメラの2階・中古品コーナーで、いつものようにペンタックスかニコンの良い交換レンズが出てないかな~と物色していたところ、陳列台の中の、この麗しい姿に目が留まって、一目ボレ。衝動買い。2万円くらいだったかな_ もう10年くらい前の話です。

コンタックスと威張ってみても、このカメラ、絞りとシャッター・スピードとISO感度がイジレるだけの、メカとしては別にどうってことないシロモノ。おまけに、露出のメーター表示の調子が悪く、スイッチを切っても勝手にシャッターが下りてしまう・・・はっきりいってしまえばポンコツ なんです。でも・・・

Jindaiji_soba_s

東京に住む姉と、滞在最後の昼食に立ち寄った『深大寺そば』。1本1本クッキリと起ち上がるザルの上の蕎麦、うるし塗りの蕎麦湯入れの深い深い紅色、そして、写真全体を包み込む柔らかなボケ味(コンピューター上で、うまく伝わるかしら)_ 「やっぱり違うわぁ~★」と、写真屋さんの店頭で出来上がったプリントをチェックしながら、ひとり悦にいってしまいました。なにせ、ボディに組み合わせるレンズが良いですからねぇ(同じく中古で買ったプラナーT*50mmF1.4)。

Banana_cake_s

こちらは(いつも食べ物の写真ばっかりで恐縮ですが。。)、私の大叔母(母親の叔母)サマであり、偉大なブログ仲間(!)でもある「Tenko-chan」のお宅で、自家製バナナ・ケーキをいただく、の図。ケーキの美味しさ、素敵な食器、楽しい時間を記録したくて、ほの暗い部屋の中でジッと息を凝らし、1/15のスピードで”ガ…ッシャン” と、シャッターを切りました。

私にとっては、非日常的な時間の中で、「ちゃんと写ってなくても、まーいーや!」くらいの気持ちでないと、使えないカメラです。でも、そんな時間や、気持ちや、表現行為も、大切にしていきたいな。

|

« 「ふぉとみっちゃん」in銀座 | トップページ | 「ふぉとみっちゃん」in関空 »

photography」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ふぉとみっちゃん」in銀座 | トップページ | 「ふぉとみっちゃん」in関空 »