トップページ | 戦場のアリア »

2006年8月26日 (土)

夏休みの「ふぉとみっちゃん」

現状の暮らしには夏も休みもヘッタクレもありゃしないところですが、真夏にウェディングの撮影もなく、まわりの人の夏休みや盆休みにつられて、小さな夏休みを過ごすことができました。

すなわち

Baileyscheesecake

Fushimi

Kurama

                                                                                                                                                                     

イギリスで知り合ったチエちゃん&アッコちゃんが盆休みにウチへ泊まりに来たので、アイルランド旅行の思い出の味『ベイリーズ・チーズケーキ』を作り、伏見稲荷や鞍馬神社へ涼みに行き―

Dinner

Nara_1                                                                                                                           

里帰りしてきた姉と一緒に、母上の誕生日に『鯛のスペイン風オーブン焼き』と『鶏と卵のゼリー寄せ』と作ったり、甥っ子が新学期から日本史を習い始めるということで、少しでも興味を持たせるべく、近所に住む友人メル君と一緒に奈良へ出かけたり―

そんな、いたってローカルな夏休みなのでした。

そして、この偉大なる叔母さんである「ふぉとみっちゃん」を散々遊び負かした後、新学期や進路といった課題がドッサリ待ち受ける東京へ帰って行った甥っ子の小さな背中を見送りながら、私自身が子供だった頃の思いがよみがえりました。夏休みが楽しければ楽しいほど、それが終わりに近づくにつれ憂鬱になってきて、「こんなイヤな気分を味わうくらいなら、夏休みなんて最初からなければ良かったのにー」なんて考えたりした、あの頃・・・

“楽しい時間には必ず終わりがおとずれる。”という現実の「切なさ」を発見し、それを乗り越え(受け入れ)て生きていかなければならないことを学習する― これこそが、永遠の「夏休みの宿題」、なのかも。

|

トップページ | 戦場のアリア »

雑記」カテゴリの記事

コメント

お母様からうれしいメールをいただいたので、ひさしぶりに未知ちゃんのお部屋を覗かせていただきました。  相変わらず精力的にご活躍のようで、たのもしいです。  どうもノゾミはお父さん譲りらしく、旅行好きですが、おつれがないので私を引っ張り出します。 おかげで、なつかしいスエーデンへ行ってまいりました。 なんとなく叔父さんの魂に呼ばれたような気もします。 昔は綺麗で感激しましたが、このごろは日本の方が清潔なきがします。でも広々した青い空はうらやましいですね。  でも遠慮がないので、親子げんかばかりしていました。  もうこりごりかと思っていたら、「今度はどこ行く?」ですって!!

投稿: tenko-chan | 2006年8月29日 (火) 14時23分

おばさまこそ、人気ブロガーとしての大活躍ぶり(!)、後輩として大変心強く、眩しく拝見しております。私が小さな子供だった頃―外国なんて想像上の世界でしかなかった頃から、スウェーデンで暮らしたり、世界のあちらこちらを旅しておられたおじさま・おばさまの存在は、ずっと私の憧れでした。スウェーデンは、おばさまの面白いお話しの数々や美しい写真などの影響で一度は行きたいと夢見ているのですが、ロンドン滞在中にも実現できませんでした(何度か計画したのですが、つい近場のベルギーやアイルランドの方へ流れてしまったのです)…。いつか、ノンちゃんとの母娘旅行に合流させていただこうかしら―その時はウチの母や姉の家族も一緒に!?(甥っ子のトモノリは将来レゴ・ビルダーになるのが夢なので、レゴの本拠地であるデンマークへ行きたいのだそうです。)

投稿: ふぉとみっちゃん | 2006年8月30日 (水) 14時00分

とものりくんも日本史なんか勉強するようなお兄ちゃんになったのですね。 下高井戸のおばあちゃんのことなんか忘れちゃったかな? スエーデンに居た頃は、子供たちの玩具はレゴだけ、絵本は”いやいやえん”と“ムーミントロール”だけでした。  コペンハーゲンの玩具やさんには、大人用のレゴが売っていてほんとにすてきな建物ができるようなのがあったので、わたしまで欲しくなりました。

投稿: tenko-chan | 2006年9月17日 (日) 01時25分

レゴというのは、どーもよほど奥の深い遊びのようですね。イギリスにも『レゴ・ワールド』があって、遊びに行った友人は大感激してました。私も行っておいたらトモに自慢できたのに…と、今更ながら後悔しております。
私は、北欧へ行ったら、何といってもダンスクはじめ、美しい色合の食器や雑貨が欲しいっ。
それにしても、おばさまが北欧へ滞在された頃は本当に遠い国だったと思うのですが、今や「北欧」は日本で流行の最先端になりましたね。

投稿: ふぉとみっちゃん | 2006年9月17日 (日) 18時54分

この記事へのコメントは終了しました。

トップページ | 戦場のアリア »