トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月29日 (火)

戦場のアリア

月に1度、選りすぐりの映画を低価格で上映する、高槻市主催の『四つ星シネマ』。今月の上映作品『戦場のアリア』(JOYEUX NOEL:2005 仏・独・英合作)を観てきました。

第一次大戦下のフランス北部の片田舎、侵攻するドイツ軍、迎え撃つフランス軍、そしてフランスを援護するスコットランド軍が、三つどもえ状態で塹壕を構えている最前線地区が舞台。折りしも季節はクリスマス。泥沼化する悲惨な戦況と凍てつくような寒さで兵士達の胸の内には厭戦気分やホーム・シックが蔓延。そんなクリスマス・イヴの夜、スコットランド軍の兵士がバグパイプを奏で始めると、一流のテノール歌手だったドイツ人兵士がそれに合わせて歌いだし、フランス軍も含めた全員から喝采を浴びるというハプニングが発生。これをきっかけに、皆、武器を置いて塹壕から這い出し、三軍入り混じってクリスマスを祝い合った―という、お話し。

まるで、おとぎ話のようですが、「前線兵士達による自発的なクリスマス休戦」のエピソードは、正真正銘の史実に基づいているとか。このエピソードそのものの面白さだけでなく、監督・脚本のクリスチャン・カリオンは三軍の状況を公平な視点で描いて、どんな状況下にあっても「相手と共感する心」を失わないことの大切さを巧みに表現しています。その一方で、善良でおとなしかった青年が兄の戦死に直面して変化していく様子や、出征する若者に向かって敵の殺戮を奨励する説教を行なう高位の(キリスト教)聖職者、そして、「クリスマス休戦」を実行したことによって自国から罰を受ける兵士達などを描くことによって、単なる「クリスチャン・ワールドのオメデタイ話」に終始させない深みを、この作品に与えています。

物語の重要なポイントとして使われている音楽も素晴しく、演じる俳優達も美しくて本当に魅力的(*従軍牧師役のゲーリー・ルイスは『リトル・ダンサー』でビリー・エリオットの父親を演じた人。セリフも表情も無骨なのに、いつも何故か泣かされるんだなぁ)。

良い映画でした。

| | コメント (2)

2006年8月26日 (土)

夏休みの「ふぉとみっちゃん」

現状の暮らしには夏も休みもヘッタクレもありゃしないところですが、真夏にウェディングの撮影もなく、まわりの人の夏休みや盆休みにつられて、小さな夏休みを過ごすことができました。

すなわち

Baileyscheesecake

Fushimi

Kurama

                                                                                                                                                                     

イギリスで知り合ったチエちゃん&アッコちゃんが盆休みにウチへ泊まりに来たので、アイルランド旅行の思い出の味『ベイリーズ・チーズケーキ』を作り、伏見稲荷や鞍馬神社へ涼みに行き―

Dinner

Nara_1                                                                                                                           

里帰りしてきた姉と一緒に、母上の誕生日に『鯛のスペイン風オーブン焼き』と『鶏と卵のゼリー寄せ』と作ったり、甥っ子が新学期から日本史を習い始めるということで、少しでも興味を持たせるべく、近所に住む友人メル君と一緒に奈良へ出かけたり―

そんな、いたってローカルな夏休みなのでした。

そして、この偉大なる叔母さんである「ふぉとみっちゃん」を散々遊び負かした後、新学期や進路といった課題がドッサリ待ち受ける東京へ帰って行った甥っ子の小さな背中を見送りながら、私自身が子供だった頃の思いがよみがえりました。夏休みが楽しければ楽しいほど、それが終わりに近づくにつれ憂鬱になってきて、「こんなイヤな気分を味わうくらいなら、夏休みなんて最初からなければ良かったのにー」なんて考えたりした、あの頃・・・

“楽しい時間には必ず終わりがおとずれる。”という現実の「切なさ」を発見し、それを乗り越え(受け入れ)て生きていかなければならないことを学習する― これこそが、永遠の「夏休みの宿題」、なのかも。

| | コメント (4)

トップページ | 2006年9月 »